マンションリフォームの費用相場とは?事例とあわせて内容別に紹介

  • 作成日:2023/12/22
  • 更新日:2024/02/16
  • 編集者:山根木材メディア編集部
マンションリフォームの費用相場とは?事例とあわせて内容別に紹介

当時は納得して購入したマンションであっても、経年劣化やライフスタイルの変化、時代の流行り、好みに応じてリフォームしたいと考える方は多いのではないでしょうか。
リフォームはリフォーム箇所によって費用が異なり、数百万単位の工事になることもめずらしくありません。
費用相場をある程度把握できていれば、適切なリフォーム内容を決めやすくなるほか、将来的なリフォームに向けて積み立てすることも可能です。

そこで本記事では、内容別の費用相場や事例、リフォームする際の注意点などを解説します。
マンションリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【内容別】マンションリフォームの費用相場

一概に「マンションリフォーム」といっても、どこをリフォームしたいのかによって費用は異なります。
さまざまなリフォーム事例を見ていると、あれもこれもリフォームしたいと感じてしまうかもしれませんが、優先度の高い場所に絞ったり、予算に見合った内容を選択したりしたほうが堅実です。

以下で、マンションリフォームの費用相場を内容別に紹介します。

内装リフォーム

内装全体のリフォームを依頼した場合、相場は80万〜150万円程度です。
ただし、フローリングの張り替えのみなど、部分的に行う場合はもう少し金額を抑えられます。
設備交換を除き、部分的な内装リフォームを行う場合の費用相場は以下のとおりです。

クロス・フローリング張り替え

クロスやフローリングの張り替えをする場合、3万〜20万円程度が相場です。
近年では自分でクロスの張り替えを行うケースも少なくありませんが、仕上がりを重視するならプロに依頼するのがおすすめです。
使用する素材や依頼するリフォーム業者によっては費用が安く済む場合もあるので、多数のサンプルを確認したり複数の会社で比較検討したりしてみてください。

フローリングのリフォームについて詳しい情報は、次の記事を参考にしてください。

畳からフローリング

畳からフローリングへの張り替えを行う場合、相場は10万〜30万円程度です。
ただし、畳を剥がした下地の状態によっては修繕や補強をする場合もあり、その場合はプラスで10万円ほど高くなる可能性があります。
必ず現地の確認をしてから見積りを出してもらいましょう。

畳のリフォームについて詳しい情報は、次の記事を参考にしてください。

キッチンリフォーム

キッチンのリフォームを行う場合、相場は50万〜300万円程度です。
リフォームの主な内容はキッチン本体の交換、レンジフードやガスコンロなどの一部交換、キッチンタイプの変更などがあります。
料理をする頻度の高い方が使いやすいと感じるキッチンになるよう、使いながら不便な点を整理しておくと良いでしょう。

浴室リフォーム

浴室リフォームの相場は50万〜200万円程度です。リフォームの主な内容は、ユニットバスの交換や給湯器の交換、シャワー水栓の交換などが挙げられます。
タイル風呂からユニットバスにリフォームする場合、4〜6日程度の工事日数が必要になります。
浴室をリフォームする場合は使用できない期間が長くなる可能性があるため、スケジュールをしっかり押さえておきましょう。

トイレリフォーム

トイレリフォームを行う場合、相場は20万〜50万円程度です。
リフォーム内容は便座交換、床材や壁紙の張り替え、手洗い器の設置などがあります。
トイレ全体をリフォームする場合の工事日数は1〜2日程度、キャビネットが付いたトイレや手洗い器を設置する場合は2〜3日程度かかる場合もあります。

トイレのリフォームについて詳しい情報は、次の記事を参考にしてください。

トイレのリフォームについて、おすすめのトイレ10選を紹介しております。

洗面所リフォーム

洗面所リフォームの相場は10万~50万円程度です。
リフォームの主な内容は、洗面台交換、壁紙や床材の張り替え、収納棚設置などです。
洗面台交換のみの場合は数時間〜1日程度で工事が完了しますが、自動水栓や多機能のハイグレードモデルを選んだ場合は3〜4日程度かかることがあります。

間取り変更リフォーム

間取りを変更するリフォームの相場は40万〜500万円程度で、主な内容は間仕切り壁の撤去や設置、壁周囲の内装補修などです。
間取り変更によっては窓のサイズを変更したり、増設したりする必要があります。費用を抑えるために室内窓の設置も検討すると良いでしょう。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニングのリフォーム相場は15万〜150万円程度です。
リフォーム内容は内装の変更や床暖房の設置などです。床暖房の設置は直張りの設置だと比較的安く抑えられますが、温水床暖房の場合は熱源機の設置が必要なため、費用は高くなります。

リビングのリフォームについて詳しい情報は、次の記事を参考にしてください。

和室

洋室から和室にしたり、和室から洋室にしたり、和室を修繕するリフォームの相場は20万〜100万円程度です。
和室から洋室にリフォームする場合は、フローリングやクロスの張り替えが必要です。
押し入れがある場合でクローゼットに変更したい場合は、費用も高くなるうえ工事日数もかかるため注意しましょう。

フルリフォーム

フルリフォームを行う場合、相場は600万〜1,500万円ほどです。
マンションの老朽化や部分リフォームが多い場合に、フルリフォームを検討している方も多いでしょう。
フルリフォームは、柱や梁、床のみのスケルトン状態にして1からつくり直します。バリアフリー化など、家族構成やライフスタイルの変化にともなって行うことが多い傾向にあります。

リフォームするタイミングの目安

マンションリフォームを検討する際は、建物の築年数と設備の寿命を見るとだいたいの目安がわかります。
ここからは、リフォームするタイミングになりやすい具体的な年数について解説していきます。

リフォームを依頼しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

建物の築年数

マンションのリフォームは、築年数が古いほど高額になる傾向にあります。
築年数が10年を超えるとすでに細かな設備の不具合が生じやすいため、築年数が浅い場合はメンテナンスから考えてみると良いでしょう。

築20〜30年の場合、水回り設備の劣化に注意が必要です。
見えている部分はもちろんのこと、見えていない部分のトラブルが起こっている可能性も高いため、浴室などで違和感があった場合は交換を検討しましょう。

一方、築30年以上はフルリフォームを検討するタイミングといわれています。
内装や配管などの老朽化も顕著になってくるので、水漏れなどのトラブルを回避するためにも、大幅なリフォームを検討してみてください。

設備ごとの寿命

設備の寿命に合わせてリフォームを依頼するのも一つの方法です。
設備に部分的な劣化が見られたらすぐにメンテナンスを加えることで、長期にわたって安全で綺麗な状態で住み続けられます。

以下は、設備ごとの寿命を表にまとめたものです。

設備 寿命(リフォームの目安時期)
キッチン 15~20年
レンジフード 8~10年
トイレ 10~15年
ユニットバス 15~20年
洗面台 15~20年
給湯器 10~15年
壁紙 5~10年
フローリング 15~20年
室内ドア 15~20年

上記の交換時期を目安に、交換のタイミングかどうか確認しましょう。
寿命が近いものはまとめてリフォームできないかも検討しておくと、効率的なリフォームが叶います。

マンションのリフォーム事例

実際にマンションリフォームを行った方はどのようなタイミングでリフォームを検討し、どのような内容のリフォームを行ったのか、以下でいくつか事例を紹介します。
リフォーム内容はさまざまなので、理想のリフォームを実現するための参考にしてください。

事例①部屋ごとのリフォームで快適性確保

マンションリフォーム(内装)①

築30年のマンションリフォームを行った事例です。仕事がひと段落したことで、家で過ごす時間が長くなるためより快適に過ごしたい、とリフォームを検討されていました。
ご希望に沿って、大きな間取り変更はないものの、部屋ごとに必要なリフォームを施しています。

明るいリビングにするために白を基調とした仕上げ材を使い、北側の寝室を暖かくするために発泡ウレタン断熱と二重サッシで寒さ対策、キッチンの収納性を上げるために壁の位置をずらして壁面に収納棚を取り付けました。
すでにお使いの家具や照明器具なども上手に活用し、ご希望を叶えて快適性を確保しています。

事例②水回り+収納力UP

マンションリフォーム(内装)②

次に、築23年のマンションリフォーム事例を紹介します。
もともとデザイン性に優れていましたが、小さな子どもと快適に暮らすためにリフォームに踏み込みました。

間仕切りになっていたLDKは、カウンターをなくして広々とした空間に。キッチンの吊戸棚をなくして視界も開けました。
シューズクロークやパントリー、ウォークインクローゼットなどの収納も設置し、子どもの成長に合わせて物が増えても問題なく収納できるようになっています。
洗面所や浴室、トイレなどの水回りも機能面やデザイン性を考慮して、快適なスペースに生まれ変わりました。

事例③内装+間取り変更

マンションリフォーム(内装)③

築35年のマンションリフォーム事例です。広島市内を見晴らせる絶景のロケーションに建っており、賃貸として長く活用されていましたが、空室になったことをきっかけにリフォームを決められました。
「木をふんだんに使った空間にしたい」というご希望のもと、木のぬくもりを感じられる内装に。

2つの和室を1つの洋室にし、LDKを広くしたことで今どきの雰囲気・間取りに変わりました。
自分で使うも、賃貸として活用するも、どちらの場合でも快適に過ごせる空間です。

事例④開放感のあるリビング空間

マンションリフォーム(内装)④

最後に、築15年のマンションリフォーム事例を紹介します。ビジネススタイルが変わり、マンションで過ごす時間が増えるタイミングでリフォームを検討し、閉鎖的な印象のあったキッチンをオープンにし、開放感のあるリビング空間に仕上がりました。
ステンレスキッチンを設置しており、誰が見てもセンスを感じる空間に浸れることでしょう。

また、パウダールームにタイルを用いたり、壁面収納を活用したりすることで広々とした空間を確保し、おしゃれな雰囲気を効果的に演出しています。

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームを成功させるには、さまざまな点に注意する必要があります。
特にマンションの場合は、戸建てとは異なる配慮も必要です。

快適に生活できるよう、以下の5つの点に注意して満足のいくリフォームにしましょう。

リフォームする目的を明確にする

一概にマンションリフォームといっても、内容はさまざまです。
リフォームを検討する際に「なぜリフォームが必要だと思ったのか」「リフォームしてどのような状態にしたいのか」などの目的を明確にすることで、本当にするべきリフォームの内容が見えてくるだけでなく、リフォーム費用を抑えることにもつながります。

目的を明確にする際は、自分だけで判断するのではなく、家族にも相談しながら決めると良いでしょう。

マンションのリフォームは専有部分のみ可能

マンションリフォームは専有部分のみが可能です。
共用部分は、文字通り「ほかの住人と共用している部分」になるため、勝手にリフォームしてはいけません。

自由にリフォームできる専有部分は、室内のクロスやフローリング、キッチン、トイレなど。ベランダや玄関ドアの外側、窓は共用部分に該当するため注意してください。
リフォームする前には管理規約を必ず確認し、違反することのないようにしましょう。

管理組合へ届出しておく

マンションリフォームする際は、管理組合への申請が必要です。
申請を行うことなくリフォームした場合、規約違反になる可能性があるので注意しましょう。
工事申請書を提出してもらうことで、管理組合はその工事が規約に沿っているか、違反しているかの判断ができます。

また、業者の出入りや騒音が発生する場合もあるため、事前にほかの住人に知らせておく目的もあります。
申請内容はマンションによって異なるため、管理組合に直接確認しましょう。

近隣住民への配慮を怠らない

左右上下に住んでいる方には当然のこと、ほかの住人も近距離に住んでいます。
リフォーム時の工事音による騒音トラブルに発展しないよう、配慮を心がけましょう。

具体的にできる配慮としては、共用部分の養生や事前の挨拶、工事日時の厳守、クレーム対応などです。
工事中の対応や周囲への配慮ができるリフォーム業者かどうか、見極める必要があります。

マンションリフォーム時の騒音トラブルについて詳しい情報は、次の記事を参考にしてください。

リフォーム業者選びは実績豊富なところを選ぶ

リフォームを依頼する際の前提ともいえるリフォーム業者選びは、施工実績をしっかりと確認することが大切です。
リフォームの施工実績が多い業者を選ぶと、ノウハウがあるため適切な対応をしてもらいやすくなります。

また、家族ごとの要望やライフスタイルに合わせた施工も可能です。
施工実績が豊富かどうかは、会社のホームページや口コミを確認するようにしましょう。

建て替えや売却も検討する

快適な暮らしをするためにリフォームは選択肢の一つですが、必ずしもリフォームすることが最適な方法とは限りません。
リフォーム費用があまりに高額になる場合は建て替えたり、あるいは売却し、売却益を得て住み替えたりしたほうが負担が少なく済む場合もあります。

また、売却する際、少しでも高値で売りたいという考えでリフォームを考える方もいますが、リフォームしたからといって必ず売れる、高く売れる、というわけではない点にも注意しましょう。

マンションリフォームするなら費用だけでなく総合的判断を

今回は、マンションリフォームについて詳しく解説しました。
リフォームには費用がかかるため、ついつい費用だけに焦点がいきがちですが、ライフスタイルや築年数などを加味して総合的に判断するのが得策といえます。

山根木材は、施工実績1万件以上の信頼があり、家づくりに関わるすべてを山根木材グループがトータルで対応しています。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

  • スケルトンリフォームとは?メリット・デメリットと費用相場

    2023/10/31

    スケルトンリフォームとは?メリット・デメリットや費用相場

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説