外壁リフォームの種類と費用相場は?業者選びのポイントも解説

  • 作成日:2023/12/15
  • 更新日:2024/03/08
  • 編集者:山根木材メディア編集部
外壁リフォームの種類と費用相場は?業者選びのポイントも解説

外壁は住まいを雨風や紫外線から守る重要な役割を持ち、住宅の印象も左右します。
劣化した外壁はマイホームの美観を損なうのみでなく、雨漏り・湿気によるカビなどの問題を引き起こす恐れがあります。
住まいに長く快適に暮らすためには、外壁リフォームが欠かせません。

今回の記事では、外壁リフォームの種類や費用相場について詳しくまとめました。

外壁リフォームの重要性

冒頭でもお伝えしたように、外壁は雨風や紫外線から暮らす人を守る重要な役割があります。
外壁の劣化を放置すれば、雨水の侵入により住宅の劣化速度が早まる可能性があります。
また、外壁は住まいの外観の印象そのものであり、外壁が汚い状態の住宅は実際の築年数より古いものに見えてしまいます。

外壁塗装の寿命とは?

外壁は住まいを守る重要な存在ですが、常に雨風にさらされている最も劣化しやすい場所でもあります。
外壁塗装の寿命は塗料や住まいの立地で異なるものの、通常10年前後となります。
外壁塗装が寿命を迎えると次のような症状が現れます。

  • 手で触ると粉状のものが付着する
  • 全体的に色褪せる
  • 無数の傷が存在する
  • 幅0.3mm以上のヒビ割れがある
  • 藻や苔が広範囲に発生している
  • 錆びている
  • 塗膜に膨れが確認できる
  • 塗膜が剥がれてきている

自分での判断が難しい時には、リフォーム業者へ相談することをおすすめします。

住居の立地環境が外壁塗装の寿命に影響する

住まいの立地環境は外壁塗装の寿命に影響を与えます。
具体的には、以下のような立地にある住まいの外壁は劣化しやすいです。

  • 海が近い(塩分が外壁塗装に悪い影響を与える)
  • 川や池が近い(藻や苔が発生しやすい)
  • 住まいに当たる紫外線・雨・風を遮るものがない

逆に考えれば、住宅の立地環境によって外壁塗料の寿命がより長くなる場合もあります。

外壁リフォームの種類と費用相場

外壁リフォームには、外壁の張り替え・重ね張りの2種類が存在します。
ここでは、それぞれの外壁リフォームの方法と費用相場についてまとめました。

外壁の張り替え 180万円〜280万円/30坪の戸建ての場合

外壁の張り替えは既存の外壁を全て剥がし、新しい外壁材に交換するリフォームです。
外壁の総入れ替えになるため、30坪程度の住宅では180万円〜280万円の費用が必要です。

これまでの外壁と全く異なるデザインや材質が選択可能であり、現在はサイディングボードの外壁材を選択する方が増えています。
外壁材を今のものより軽量にすれば、住まいの耐震性も高められます。

外壁の重ね張り 150万円〜240万円/30坪の戸建ての場合

外壁の重ね張りは、カバー工法と呼ばれる外壁リフォームの方法です。
重ね張りでは名称通り、現在の外壁の上から新しい外壁を貼り付けていきます。

既存の外壁を取り外す作業がなくなるため、30坪程度の住宅の外壁リフォームに必要な費用の目安は150万円〜240万円に抑えられます。
さらに外壁が重なることで、断熱性能の向上が期待できます。

外壁リフォームで選ばれるサイディングの種類と費用相場

外壁リフォームで選ばれるサイディングの種類と費用相場をまとめました。

サイディングの種類 耐用年数 塗装周期
窯業系 20~40年 7~5年毎
金属系 20~40年 10~15年毎
樹脂系 20~50年 10〜30年間はコーキング舗装や塗装が不要
木質系 15~40年 3~10年ごと

窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメントに繊維質を混ぜ合わせて成形・硬化させたサイディングボードであり、現在日本で主流の外壁材です。
デザインが豊富で、木目調・コンクリート風・タイル風・モダン風などが選択できます。
窯業系サイディングを一般的な戸建に施工する費用の相場は以下の通りです。

【張り替え】

  • 施工費用2,650円〜4,000円/㎡(既存外壁の撤去含む)
  • 材料費4,000円〜5,000円/㎡

【重ね張り】

  • 施工費用2,500円〜3,250円/㎡
  • 材料費4,000円〜5,000円/㎡

※足場費用・諸経費などは別途かかります

金属系サイディング

金属系サイディングには主に、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金塗装板があります。
軽量で耐震性と耐久性が高いという特徴があり、金属ならではの高級感ある外観に仕上がります。
金属系サイディングも窯業系サイディングと同じように、木目調・レンガ風・石柄風などさまざまなデザインが選択可能です。

【張り替え】

  • 施工費用2,650円〜4,000円/㎡(既存外壁の撤去含む)
  • 材料費3,000円〜9,000円/㎡

【重ね張り】

  • 施工費用2,500円〜3,250円/㎡
  • 材料費3,000円〜9,000円/㎡

※足場費用・諸経費などは別途かかります

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは塩化ビニル樹脂が主原料です。
北米の住宅に多く取り入れられているものの、日本ではあまり広まっていません。
コーキングが不要であるため、サイディングボードのつなぎ目がない仕上がりが実現できます。
ただし、施工可能な業者が限られるというデメリットが存在します。

【張り替え】

  • 施工費用2,650円〜4,000円/㎡(既存外壁の撤去含む)
  • 材料費8,000円〜10,000円/㎡

【重ね張り】

  • 施工費用2,500円〜3,250円/㎡
  • 材料費8,000円〜10,000円/㎡

※足場費用・諸経費などは別途かかります

木質系サイディング

木質系サイディングは本物の木材を活用した外壁のように見せるサイディングボードであり、温かみがある美しいデザインを形にできます。
腐食・変色しやすいという注意点があるものの、木材サイディングでなければ実現できないオリジナリティ溢れる外観にすることができます。

【張り替え】

  • 施工費用2,650円〜4,000円/㎡(既存外壁の撤去含む)
  • 材料費6,000円〜10,000円/㎡

【重ね張り】

  • 施工費用2,500円〜3,250円/㎡
  • 材料費6,000円〜10,000円/㎡

※足場費用・諸経費などは別途かかります

外壁リフォーム業者選びのポイント

外壁リフォームを依頼する業者を見つける時には、次のポイントに注意して業者選びを進めましょう。

業者の得意分野を理解する

外壁のリフォーム業者にはそれぞれ得意分野があり、対応している外壁塗料・材料も業者ごとに異なります。
自分が希望する施工方法があるのなら、該当の施工を得意とする業者へ問い合わせましょう。

複数のリフォーム業者で相見積もりを取る

リフォーム業者は同じ内容のリフォームを依頼しても、業者ごとに費用が異なります。
リフォーム業者選定時には複数の業者で相見積もりを取り、相談時の対応も含めて比較検討するのが良いでしょう。

保証・補償条件を確認する

外壁リフォーム完了後の保証・補償内容を確認します。
施工不良や工事開始後のトラブルに対する対応を把握し、安心して工事を任せられる業者を見つけましょう。

悪徳業者に多い特徴がないかチェックする

残念ながら外壁リフォーム業者には一定数の悪徳業者が存在します。
悪徳業者の被害に遭わないためには、業者選定時に次のような点がないかチェックしましょう。

  • 足場0円という宣伝をしている
  • 40年長寿命などの長すぎる外壁塗装の耐用年数を謳っている
  • 外壁の状態を悪く言ってリフォームの契約を急かす
  • 工事費用の全額先払いを強制される
  • 値下げ幅が広すぎる
  • 工期が短過ぎる

インターネットの口コミも確認し、怪しい点がないか確認しましょう。

外壁リフォームの費用を抑えるためにできること

外壁リフォームの費用を抑える方法には以下のようなものがあります。

耐久性の高い塗料を選ぶ

住宅建築時または外壁リフォーム時には、次のリフォームまでの期間を少しでも長くする目的で、耐久性の高い塗料を選ぶのをおすすめします。
耐久性が高い材料は値段が高くなる傾向があるものの、リフォーム頻度を減らせる効果が期待できます。

定期的に外壁の点検・メンテナンスを実施する

普段から外壁の点検・メンテナンスを行うと外壁の問題にいち早く気づけます。
たとえば雨水が侵入しやすい部分が痛んでいる・外壁にひび割れがあるなどの問題を見つけた時には、適切な部分補修を実施しましょう。
小規模のメンテナンスを続けることで、外壁リフォームまでの期間が延ばせます。

補助金・助成金を活用する

外壁リフォームの負担を軽減できる補助金・助成金制度が存在します。
予算の関係で屋根のリフォームを躊躇しているという方は、外壁リフォームに活用可能な補助金・助成金制度を探してみましょう。

外壁塗装をDIYすることは難しい

外壁塗装をDIYしようと考える方もいるようですが、外壁塗装は足場を作って取り組むものであり、素人が実施するには非常に危険な行為です。
さらに、DIYに失敗することで住まいの内部に悪い影響が出る可能性もあります。
外壁リフォームはプロに任せましょう。

まとめ

外壁リフォームは選択する施工方法や外壁の材料により、必要な費用が異なります。
自分と家族が考える理想的な外壁を実現できる業者をえらびましょう。
外壁が美しくなれば、住まいの外観の印象が大きく変わるでしょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万件を超える施工を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったリフォームプランをご提案します。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社では、広島県内を施工エリアとさせていただいています。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

    2024/01/12

    スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方