間取り変更リフォームの費用相場は?メリットや業者の選び方を解説

  • 作成日:2024/02/15
  • 更新日:2024/04/10
  • 編集者:山根木材メディア編集部
間取り変更リフォームの費用相場は?メリットや業者の選び方を解説

住宅は建築後に何十年も暮らすものです。そのため、時間の流れとともに家族の生活スタイルや家族構成に住宅の間取りが適さなくなることがあります。
家族が不便を感じながら過ごす状態になっているのであれば、間取りの変更リフォームを取り入れるべきでしょう。

今回の記事では、間取りを変更するリフォームのメリットとともに、必要な費用の相場についてまとめました。

間取り変更リフォームのメリット

間取り変更リフォーム 

リフォームで間取りを変更すれば、次のようなメリットが得られます。
現在の間取りが過ごしにくいと感じているのであれば、ぜひ参考にしてください。

間取りを変更して広い空間を作れる

不要な個室を減らして壁を取り払うリフォームをすれば、広い空間を形にできます。
例えば、リビングの横に和室を用意したものの使用頻度が少ない場合は、和室とリビングをつなげて開放的なリビングに変更するという手もあるのです。

その他にも、子どもが独立した後に子ども部屋をなくしてセカンドリビングや趣味の部屋を作るなどのアイデアもあります。

部屋数を増やして家族構成の変化に対応できる

部屋を減らして広い空間を作る間取り変更とは逆に、より多くの個室が必要になった家族が部屋を増やす間取り変更を選択することもあります。
子ども夫婦との同居や子どもの成長に合わせて部屋数を増やせば、家族の数が変わってもプライバシーを確保した生活が送れます。

日当たりや風通しを変えられる

間取り変更によって日当たりや風通しを変える効果も得られます。
立地の問題で一部の部屋にのみ日が当たっているのなら、該当の部屋をなくして開放することで家全体の日当たりが良くなるのです。
また、窓の位置や壁の位置の見直しにより、住宅の風通しを良くする効果も得られます。

生活に変化を生み出せる

家全体をリフォームするような大規模リフォームをしなくても、間取りが変化すれば生活も変わります。
例えば、これまでキッチンがリビングと分割され個室になっていた住宅で、リビングとキッチンをつなげて対面キッチンにすれば、家族とのコミュニケーションが増え開放的な雰囲気になるのです。
間取りは住宅の印象を変える重要な役割を果たします。

間取りの変更リフォームにかかる費用の相場

間取り変更リフォーム

住宅の間取り変更に必要な費用は、その内容によって大きく異なります。
具体的な費用相場は以下を参考にしてください。
正確な金額が知りたいという方は、リフォーム業者に見積もりを依頼しましょう。

  • 壁を撤去して部屋を減らす 10〜30万円前後
  • 1部屋を2部屋に分ける 8〜30万円前後
  • 水回りの位置を変更する 30〜250万円前後
  • 部屋を住宅の外側に増築する 100万円以上(1階の場合)
  • 吹き抜けを埋めて部屋を増やす 100万円以上
  • ベランダやバルコニーを部屋に変更する 60万円前後
  • 屋根裏を改築して部屋を増やす 120万円前後(6畳の場合)

費用の相場は追加で設置する設備や建材の影響を受けます。

間取りの変更リフォームに必要な費用が高額な工事と安い工事の違い

間取りの変更リフォームは、100万円以上の費用が必要な高額な工事と、数十万円以内で済ませられる手頃な価格の工事に分類できます。
ここでは、間取り変更にかかる費用の違いについてまとめました。

壁の撤去や追加のみの工事は比較的手頃な価格でできる

壁を撤去して部屋数を減らす工事または壁を増やして部屋数を増やす工事は、比較的手頃な価格で実施可能です。
ただし、部屋の分割とともにドア・収納・窓なども増やす場合は、想定よりも高額な費用がかかることもあります。

水回りの移動・階段の移動を含む間取り変更は高額

キッチンやトイレなどの水回りの移動や階段の移動を含む間取り変更では、さまざまな工事と長い工期が必要になり、必然的に高額な工事費がかかります。
できるだけ費用を抑えるためにも、いくつかの水回りリフォームを同時に実施した方がリフォームコストの総額を抑えられます。

壁を減らすことで耐震補強が必要になると一定の費用が必要

住宅の耐震性能に影響を与える耐力壁を取り払う場合には、間取りの変更リフォームとは別に耐震補強工事を実施する必要があります。
耐力壁の設置位置や枚数は設計時に考え抜かれており、一般的には耐力壁を取り払うような間取り変更はできれば避けるべきです。

リフォームで間取りを変える時の注意点

間取り変更リフォームをする際には、次の点に注意してください。

住宅の構造上の問題で思い通りの間取りにできないこともある

先ほどもお伝えしたように、耐力壁を取り払う工事や無計画な増築のせいで住宅の強度が下がる可能性があります。
住宅の間取り変更は必ずしも思い通りに進められるとは言えないのです。
信頼できるリフォーム業者を見つけて、プロの意見を聞きながら家族に適した間取りを実現しましょう。

間取りの変更内容によっては工事期間中に仮住まいが必要

間取りの変更に必要な工事の期間が長いまたは変更箇所が多い時には、生活を送りながらリフォームを進めることが難しく、工事期間中の仮住まいを用意する必要があります。
その場合は、仮住まいの賃貸料や引越し料も含めて予算を考える必要があります。

マンションの間取り変更は管理規約に従わなければいけない

マンションにお住まいで間取り変更リフォームを行う場合は、最初にマンションの管理規約を確認しましょう
物件によっては間取りの変更自体を認めていないマンションも存在します。

マンションリフォームの注意点については、こちらの記事に詳しくまとめています。

間取りの変更リフォームを依頼する業者の種類と選び方

間取り変更のリフォームは、工務店・ハウスメーカー・リフォーム業者に依頼できます。
理想の間取りリフォームにあった業者を選び、思い通りのリフォームを実現させましょう。

工務店

工務店は高い技術力を持ち、自由度の高い間取り変更が実施可能です。
地域密着型の営業をしている店舗が多いため、コミュニケーションが取りやすいだけでなくハウスメーカーと比較して手頃な価格で工事を実施できます。
ただし、価格設定が分かりにくく、デザインや設備にこだわりすぎて予算オーバーになってしまう事例もあります。

リフォーム業者

リフォーム業者ではデザイン性が高い提案を行えます。自社製品の扱いが多いため、短期間でスムーズに工事が進む点がリフォーム業者の大きなメリットです。
リフォームに特化した営業を行なっていることから、間取り変更以外のリフォームも同時に依頼しやすいです。
しかし、業者によって対応可能な範囲が異なるため、どんなリフォームを行いたいかまずは相談してみましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは広範囲のリフォームを得意としており、高品質な仕上がりが期待できます。
ある程度規格化された提案を行なっていることから、短い工期で質の高いリフォームが実現可能です。
ただし、広告費や人件費も費用に乗せられるため、比較的コストが高くつきます。

まとめ

リフォームで間取りを変更すれば、家族が暮らしやすい住宅を形にできます。風通しや日当たりも思い通りに変えられるのです。
間取り変更リフォームには多くのメリットがありますが、水回りや階段の位置を変更するような大規模なリフォームになると、高額な費用が必要です。
家族の希望と予算のバランスをとりながら、自宅に適した間取りを考えてみましょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万件を超える施工を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったリフォームプランをご提案します。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社では、広島県内を施工エリアとさせていただいています。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

    2024/01/12

    スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方