マンションリフォームで気をつけるべき注意点は?トラブル例と対策も解説

  • 作成日:2024/02/15
  • 更新日:2024/03/14
  • 編集者:山根木材メディア編集部
マンションリフォームで気をつけるべき注意点は?トラブル例と対策も解説

マンションリフォームと戸建てリフォームには、異なる注意点が存在します。
マンションリフォームをする前に知っておくべきポイントを理解していなければ、思うようなリフォームが進められないでしょう。

今回の記事では、マンションリフォームの注意点についてまとめました。
現在暮らしているマンションを改修したい・改修を目的として古いマンションを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

マンションはリフォームできるのか?

一般的な賃貸物件をリフォームすることは難しいものの、購入済みのマンションの大半はリフォームが許可されています。
ただし、マンションは集合住宅であり、持ち主が好きなようにリフォームできるとは言えないのです。

具体的には、マンションのリフォームは管理規約に定められたルールに従って進めなければいけません。
規約次第で全面リフォームが可能・一部分の小規模リフォームのみ可能などの違いが生まれます。

マンションリフォームの例

マンションリフォームイメージ

マンションリフォームの例には、次のようなものがあります。
管理規約で許可されているのであれば、さまざまな種類のリフォームを行うことができます。

好みの間取りに変更する

大半のマンションは、多くの家族が馴染みやすい一般的な間取りで作られています。
間取りのリフォームをすれば、一戸建てのように家族にぴったりの間取りを実現できます。

例えば個室を減らして広いリビングを用意したり、住まいの中心にファミリークローゼットを設置して収納量を増やしたりする間取りにリフォームすることができます。

古いタイプのマンションを今風のマンションに変えたい場合は、壁付きのキッチンを対面のアイランドキッチンに変更するなどのリフォームにより印象を変えることができます。

古い設備を新しい設備に入れ替える

経年劣化が分かりやすい水回りの設備を新しいものに入れ替えれば、住まい全体の雰囲気が変わります。
特にキッチン・お風呂場・トイレは各メーカーで日々新しい技術が開発されており、家事効率の向上に役立ちます。
設備の入れ替えは比較的短い工期で進められます。

古い内装を今風の内装に変更する

マンションの内装は建築時のトレンドが反映されやすい部分です。
そのため、建築後長い年月が経過しているマンションの内装を「古臭い」と感じる方もいるでしょう。

壁紙や内装のテイストは比較的小規模なリフォームで実施可能です。
内装のみの変更でもマンションの雰囲気は十分変わるので、間取りを改修しなくても希望通りの雰囲気にすることができます。

リフォームイメージ

マンションのリフォームで注意するべきポイント

マンションをリフォームする際には、次のような注意点を把握しておく必要があります。

窓や玄関は共有部分に該当する

マンションの共有部分は廊下やエレベーターを思い浮かべる方が多いものの、実際には窓や玄関も共有部分に該当します。マンションのリフォームでは共有部分の改修は行えません。
共有部分を勝手にリフォームした事実が明らかになれば、多額の賠償金を請求される可能性もあります。

例えば、玄関のドアのデザインが好みでない時には、貼って剥がせるリメイクシートなどを活用することで簡単に好みのデザインにすることができます。

管理規約次第で希望のリフォームができない可能性がある

マンションのリフォームは、定められている管理規約に従わなくてはいけません。
管理規約の内容はマンションごとに異なり、具体的には普段の生活全般・マンションの使い方に関わるルールが細かく記載されています。

マンションは集合住宅であり、各居住者が快適に過ごせるようにするルールが必要なのです。
管理規約の内容次第では、希望のリフォームができない可能性もあるでしょう。

リフォーム前に管理組合への申し出が必要

マンションのリフォームを実施する際には、管理組合への申請が必要です。
申請時には、リフォーム工事申請書・設計書・仕様書・工程書などの提出が求められます。

管理組合から正式な許可が出るまでには数週間かかることもあり、その間リフォーム工事は開始できません。
多くの場合、この申請作業はリフォーム業者がサポートしてくれますので、まずはリフォーム業者に相談してみましょう。

近隣住人に迷惑がかからないような配慮が必要

マンションのリフォーム工事で近隣住人に全く迷惑をかけないことは難しいものです。
同じ躯体で作られているため、近隣に配慮をしても騒音・振動などが問題になる恐れがあるのです。

マンションリフォームで発生しやすいトラブルである騒音については、以下の記事で詳しく説明しています。

近隣住人とトラブルが起きれば、リフォーム後の住まいで暮らしにくくなってしまいます。
マンションリフォームでは近隣住人への十分な配慮が必要です。

マンションリフォームで発生しやすいトラブルの例と対策

トラブルイメージ

ここでは、マンションリフォームで発生しやすいトラブルと、トラブルを予防する対策についてまとめました。理想通りのリフォーム工事が進められるように、以下の点に注意しましょう。

マンション特有のルールのせいでリフォームが進められない

マンションの管理規約に定められているルールには、さまざまなものがあります。
例えば「水回りのリフォームは一切禁止」「間取りの変更は禁止」のマンションも存在するのです。

マンションのルールを変更することは難しいため、リフォームを行う前に管理規約やマンション独自のルールを確認しておきましょう。

リフォーム工事中に近隣住人から苦情が入る

リフォーム工事中に近隣住人から苦情が入ると、その後の工事が進めにくくなる、またはリフォーム工事完了後に近所付き合いが難しくなる恐れがあります。

マンションをリフォームする際には、リフォーム工事開始前に自分の部屋を中心として直下・直上・上下の階のその両隣・自分と同じ階の両隣、合わせて8件のご家庭にはリフォーム工事についての挨拶に行くことをおすすめします。

工事期間や時間帯などを説明しておくことで、近隣住人から理解が得られるようになります。
さらにリフォーム工事完了後にも挨拶に行けば、より丁寧な対応だと感じられるでしょう。

想定外の追加工事が発生して予算をオーバーしてしまう

マンションのリフォーム工事に限ったことではありませんが、壁や床を解体するような大規模なリフォーム工事では、工事が進んだ段階で内部の問題が発覚して予想外の追加工事が必要になる場合があります。
追加工事は、追加コスト・工期の延長の原因になります。

リフォーム工事を依頼する際には、追加工事が発生する可能性やその際に必要になる期間・コストの目安も確認しておきましょう。

マンションリフォームのトラブルを予防するためにはリフォーム業社選びが重要

マンションリフォームのトラブルを予防するために最も大切なことは、リフォーム業者選びです。
マンションリフォームの実績が多く、経験豊富な業者であれば必要な対応を心得た上でリフォーム工事を進められます。

発生する可能性がある追加工事についても、前もって詳しく説明してくれます。
リフォーム工事の実績のみでなく、マンションリフォーム工事の実績を確認して業者選びを進めていきましょう。

まとめ

マンションリフォームには、一戸建てのリフォームとは違った注意点がいくつも存在します。
特にリフォーム業者選びに力を入れ、安心して工事を任せられる業者を見つけましょう。

マンションリフォーム工事の実績が豊富な業者であれば、予想外のトラブルが発生しにくく理想通りのリフォーム工事が進められるでしょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万件を超える施工を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったリフォームプランをご提案します。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社では、広島県内を施工エリアとさせていただいています。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

    2024/01/12

    スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方