空き家リノベーションのメリット・デメリットとは?費用相場も解説

  • 作成日:2024/02/15
  • 更新日:2024/04/12
  • 編集者:山根木材メディア編集部
空き家リノベーションのメリット・デメリットとは?費用相場も解説

何年も人が暮らしていない住宅は空き家と呼ばれます。日本には全国に非常に多くの空き家が存在し、問題視されているのです。

今回の記事では、空き家をリノベーションして暮らすメリットやデメリットとともに、必要なコストの目安を紹介します。
空き家のリノベーションに興味がある方なら、ぜひ参考にしてください。

空き家とは何か

空き家イメージ

日本は少子高齢化の影響で人口が減少しており、総住宅数が総世帯数を上回っていることから、年々空き家が増加しています。
また、一人暮らしや夫婦での生活が難しくなった高齢者が、子どもの家や老人ホームに転居する場合にも空き家が生まれてしまいます。

空き家は誰にも手入れされないままになるため、町の景観を悪くする・不法侵入により治安が悪くなる・不法投棄の温床になるなども問題につながります。
空き家と言うと、古びた住宅を想像するものですが、1年以上人が住んでいない・手入れされていない住宅は築年数が浅くても空き家に該当します。

空き家をリノベーションするメリット

空き家を購入または所持していた空き家をリノベーションして暮らし始めることには、次のようなメリットが存在します。

新築や建て替えよりもコストを抑えられる

一般的に、空き家は手頃な価格で販売されています。空き家がある土地を購入して建て替えするためには、「空き家付きの土地の購入費用+空き家の解体費用+新築住宅の建築費用」がかかります。
しかし、空き家のリノベーションなら「空き家付きの土地の購入費用+リノベーション費用」のみで済むのです。

リノベーションの内容により多少異なるものの、多くの場合は建て替えと比較してリノベーションの方が総額コストを抑えることができます。
また、すでに空き家を所持している方は、リノベーションコストのみでマイホームが手に入ります。

固定資産税の節税になる

住宅や土地の所有者は毎年固定資産税を支払わなくてはいけません。
固定資産税は住宅・土地の評価額に合わせた計算式で算出されます。

住宅は経年により価値が下がるため、新築や建て直しと比較して空き家のリノベーションは固定資産税の節税に繋がります。

国や自治体からのサポートを受けられる

空き家が多い自治体は治安の悪化・景観が悪くなるなど空き家を問題視しています。
そのため国や地方自治体では、空き家をリノベーションして暮らす・ビジネスをする方に対して、複数の補助金や助成金などの制度を設けているのです。

このような制度をうまく活用すれば、空き家のリノベーションにかかる費用を抑えられます。
詳しくは、後の章で詳しく解説します。

空き家をリノベーションするデメリット

空き家のリノベーションは節税や国からのサポートなどのメリットがありますが、以下のようなデメリットも存在します。

リノベーションに高額なコストが必要な場合もある

空き家の状態によっては、高額なリノベーションコストがかかる場合もあります。
特に築年数が古い・手入れ不足で躯体が腐食またはシロアリ被害に遭っているなどの状態では、リノベーション費用が建て替え費用よりも高くなる事例も存在するのです。

リノベーションを前提として空き家を購入する際は、購入前に住宅の状態をプロに確認してもらいましょう。

耐震工事が必要なことが多い

耐震補強工事イメージ

1981年より前に建築された住宅は現在の耐震基準に則って建てられていません。そのため、耐震性能が不足している可能性があります。
地震大国である日本で安心して暮らすためには、地震に耐えられる住宅である必要があります。
古い空き家を購入する際には、耐震補強工事が必要であると考えておきましょう。

古い家の耐震補強の費用相場や注意点については、こちらの記事で詳しく説明しています。

空き家のリノベーションに必要な費用目安

空き家のリノベーションに必要な費用は、空き家の状態と希望するリノベーション内容により大きく異なります。
築10年以上の住宅のリノベーションの総額コストは500〜2,000万円で考えておきましょう。
部分的なリフォームの参考費用は以下をご覧ください。

工事内容 費用相場
壁紙交換 800〜1,500円/㎡
フローリング張り替え 9〜18万円/6畳
ユニットバスの交換 50〜150万円
トイレの交換 15〜50万円
キッチンの交換 50〜150万円
外壁の修繕や交換 60〜300万円
屋根の修繕や交換 15〜300万円
耐震補強工事 25〜150万円
断熱リフォーム 0.5〜3万円/㎡

空き家のリノベーションが対象になる補助金・助成金制度

空き家のリノベーションは、さまざまな補助金と助成金の対象になる可能性があります。

住宅の省エネ化や性能向上で対象になる補助金・助成金

特に古い住宅の多くは省エネ性能が低いため、リノベーションとともに断熱性を向上させたり省エネ設備を導入したりすれば、住宅の省エネ化をサポートする補助金・助成金制度の対象になります。
住宅リフォームに使用できる補助金・助成金については、こちらの記事を参考にしてください。

補助金・助成金の申請方法は制度によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

地方自治体特有の補助金・助成金

空き家をリノベーションして活用する際には、地方自治体独自の補助金・助成金の対象になる場合もあります。

例えば広島市では、中山間地域空き家バリュー再生・活性化事業を実施しています。
プラットフォームがマッチングした空き家を活用する方を対象に、住宅として活用する場合のリフォーム(限度額100万円)と、空き家を地域活性化に役立てる用途で活用する場合のリノベーション(限度額1,000万円)について、改修に係る費用等を補助する制度です。

これから空き家を探すのであれば、補助金・助成金制度が用意された地方自治体をターゲットにすると良いでしょう。

空き家リノベーションの失敗事例から学ぶ注意点

最後に、空き家リノベーションの失敗事例を参考にした注意点を説明します。

追加工事が多く予算オーバーになってしまった

空き家は長い期間誰も手入れをせずに放置されていることが多く、躯体がシロアリや腐食の被害に遭っている可能性があります。
躯体の修理は大規模リノベーションに該当し、非常に多くのコストがかかってしまいます。

空き家をリノベーションする前に、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼して専門家による適切な検査を受けることをおすすめします。
ホームインスペクションでリノベーションに必要な予算が明らかになれば、新生活に向けての計画も立てやすくなります。

山根木材では住宅診断のプロである「住宅医」がホームインスペクションを実施しております。
住まいの状態を正確に把握したい方はぜひお問い合わせください。

山根木材の住宅診断「住診」

補助金・助成金制度のことを知らずに工事を開始してしまった

多くの補助金・助成金は事前申請が必要であり、着工後に申請をしても対象外になる場合があります。
空き家のリノベーションは補助金・助成金の対象になる可能性が高いため、事前に必要な申請について確認しておきましょう。

まずはリフォーム業者へ問合せて、使用できる補助金・助成金があるか聞いてみることをおすすめします。

まとめ

空き家をリノベーションするメリットには、建築コストの節約・固定資産税の節税などがあります。
古い建物はリノベーションに一定のコストがかかりますが、補助金や助成金を活用すればリノベーション費用の負担を軽くすることができます。

空き家を購入する際は専門家のチェックや住宅診断も受けた上でリノベーション内容を決めていきましょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万件を超える施工を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったリフォームプランをご提案します。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社では、広島県内を施工エリアとさせていただいています。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

    2024/01/12

    スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方