カウンターキッチンのリフォーム費用は?メリット・デメリットも解説

  • 作成日:2024/02/20
  • 更新日:2024/03/14
  • 編集者:山根木材メディア編集部
カウンターキッチンのリフォーム費用は?メリット・デメリットも解説
目次

カウンターキッチンではダイニングやリビングに面した状態で調理が進められるため、家族とのコミュニケーションが活性化します。
また、キッチン全体が開放的な雰囲気に仕上がることから、多くの方がカウンターキッチンへのリフォームを希望しています。

今回の記事ではカウンターキッチンのメリットやデメリットとともに、カウンターキッチンの種類について詳しくまとめました。

カウンターキッチンとは

カウンターキッチンとは、キッチンとダイニングの間にカウンターを設けたデザインのキッチンを指しています。
多くの場合はダイニングの方を向いて調理が進められる対面式が選ばれ、家族と会話をしながら・家族の様子を見ながら家事を行えます。
また、カウンターを通して料理を出したり食後のお皿を下げたりできることから、家事が効率良く進むという特徴もあります。

カウンターキッチンの種類

カウンターキッチンには、以下のような種類があります。
普段の暮らしからどの種類のカウンターキッチンを導入するべきか考えてみましょう。

アイランドキッチン(対面オープン型)

アイランドキッチンタイプは、文字通りキッチンの全ての面が壁に接しておらず、島のような状態になっています。
そのため、どの方向からもキッチンに出入り可能で特に開放感がある仕上がりになります。

ペニンシュラキッチン(対面オープン型)

ペニンシェラキッチンはキッチンの左右どちらかが壁と接しているキッチンであり、アイランドキッチンに似ています。
アイランドキッチンよりも開放感は少なくなりますが、コンロ側に壁を設けることで油ハネやニオイの問題を解決できます。

セパレート(Ⅱ型)キッチン(オープン型)

セパレート型のキッチンはIIの形のように2つに分かれており、背面は壁に接しています。多くの場合はどちらかの列にコンロ・逆の列にシンクが設けられます。
背面と前面が使えることから調理が効率良く進みやすく、十分な収納と作業スペースを確保できます。

L型キッチン(対面セミオープン型)

セミオープンキッチン型はオープン型と比較すると開放感は少なくなるものの、料理に集中しやすく収納が多く設けられるというメリットがあります。
L型キッチンでは文字通りキッチンがLの形であり、大半の場合はシンク付近の壁がなくダイニングを見渡せます。

I型キッチン(対面セミオープン型)

対面セミオープン型のI型キッチンはシンク・コンロ・作業台が一直線になりシンク付近の壁がなく、ダイニングを見渡せます。
L型キッチンと非常に似ていますが、キッチンカウンター自体は直線のみであり背面に収納や冷蔵庫が置かれる場合が多いです。

カウンターキッチンのメリット

カウンターキッチンのメリットには次のようなものがあります。

家族とコミュニケーションがとれる

カウンターキッチンでは家族の様子を見ながら・会話をしながら家事が進められます。
ダイニングやリビングから分離されているキッチンは、調理中に家族とコミュニケーションが取れないというデメリットがあったため、カウンターキッチンに魅力を感じる方は多いです。

開放感がある

カウンターキッチンの中でもオープン型のキッチンは壁が少なく、開放感があります。
ダイニングやリビングから見ても、広々と開放的なイメージの空間を実現できます。

部屋全体を見渡せる

カウンターキッチンからは部屋全体が見渡せます。
視界が広がることで、食事中の家族・窓からの天候・家族の出入りなどを確認しながら調理が進められるのです。

テレビを見ながら料理ができる

テレビの配置を工夫すれば、リビングやダイニングのテレビを見ながら家事ができます。
これまで家事をする家族は孤立した印象がありましたが、カウンターキッチンであれば家族と同じ番組を見て談笑しながら家事を進められるのです。

家事動線の無駄がなくなる

カウンターキッチンは出入りしやすく、家事動線の無駄がなくなります。
特にキッチンの両側から出入りが可能なオープン型のキッチンには突き当たりがなく、家族が同時に動いてもキッチンが混雑することはありません。

配膳・後片付けが楽になる

カウンターキッチンのカウンターは配膳・後片付けに活用できます。
カウンターに調理後の料理を置いて家族がテーブルまで運ぶ・食後の洗い物は家族がカウンターまで自分で運ぶような習慣ができれば、家事の負担を減らせます。

カウンターキッチンのデメリット

カウンターキッチンには多くのメリットがありますが、注意するべきデメリットも存在します。
ここではカウンターキッチンのデメリットについてまとめました。

部屋にニオイが移りやすい

カウンターキッチンは調理の際に発生するニオイが家中に広がりやすいです。特にニオイが強いものを調理した際には、長時間室内から気になるニオイを消せません。
オープンなキッチンほど、十分な換気対策が必要となります。

他の部屋からキッチンが丸見え

カウンターキッチンのメリットである開放感は、逆に言えば「キッチンが丸見え」であるとも言えます。
特に普段から片付けが苦手・キッチンが散らかりがちな方は、急な来客があった時に散らかっているキッチンを隠しにくくなるのです。

収納スペースが少なくなる

カウンターキッチンは、開放的なデザインほど収納の量が少なくなります。
キッチンには調理道具以外にも買い置き食材など多くのものを収納する必要があることから、キッチン周囲にパントリーを設置して収納量を増やす必要があります。

油ハネや水ハネで部屋が汚れる

オープン型のカウンターキッチンでは、コンロからの油ハネ・シンクの水ハネが起こりやすいです。
結果的に、壁紙や床が汚れてしまう可能性があります。

通路が狭くなる

カウンターキッチンのカウンターから壁までの通路は自由に設定できますが、カウンターキッチンの大きさや部屋の広さによっては通路が狭くなってしまいます。
通路を狭くしてしまうと、せっかく家事動線がよくなっても通りにくく使いにくいキッチンとなってしまう恐れがあります。

カウンターを活用しきれない

カウンターキッチンを設置した家庭の中には、カウンターを活用できないままになってしまう事例もあります。
カウンターはどこから見ても目立つ場所になるため、物置場になってしまう状態は避ける工夫が必要になります。

カウンターキッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームでカウンターキッチンを設ける際には、次のポイントを把握しておきましょう。

通路の幅を確保する

キッチン通路の幅は70〜120cmが理想となります。
キッチンに立つのが一人であると決まっているのなら、80〜90cm程度の幅があれば良いですが、背面に冷蔵庫や開き戸の収納がある場合または家族がキッチン内を頻繁に移動するのなら、100cm以上の通路幅を確保しましょう。
ただし、キッチンの通路幅が広過ぎると無駄な動きが増えるため、ちょうど良い幅を検討しましょう。

壁材を変更し消臭対策を行う

気になるキッチンのニオイ対策として、壁材に消臭機能を持つものを導入するという手段があります。
また、高性能な換気扇を設置する・窓の位置を工夫するなどの方法でもキッチンのニオイを室内に広がりにくくできます。

油はねガードを設置する

油ハネは汚れが落ちにくいことから、白い壁紙や床についてしまった油ハネが落ちないままになってしまう事例も多いです。
キッチンの開放感を損なわずに行える油ハネ対策として、ガラスの油ハネガードを使用してコの字でコンロを囲むという手段があります。ガラスであれば油汚れも簡単に掃除可能です。

立ち上がりカウンターや腰壁で目隠し対策を行う

キッチン周りの散らかった雰囲気をダイニングから見られたくないと考えている方は、立ち上がりカウンターや腰壁を活用してキッチンの手元付近を隠す方法があります。
このような対策であれば、カウンターキッチンの開放感を損なわずに気になる部分のみを隠せるのです。

カウンターキッチンの費用相場

ここでは、カウンターキッチンのリフォームに必要な費用の相場をまとめました。
キッチンにはさまざまなグレードがあり、ハイグレードなキッチンを選択する場合にはより多くの費用がかかります。

壁付キッチンからカウンターキッチンへリフォームする費用

壁付きのキッチンからカウンターキッチンへのリフォームには、50〜200万円の費用がかかります。
キッチンの設置と同時に、これまで壁に面して設置されていた水道やガスの配管も変更することになり、ある程度のコストが必要です。

壁付キッチンからアイランドキッチンへリフォームする費用

壁付きキッチンからアイランドキッチンへのリフォームには、さらに多くのコストが必要です。アイランドキッチンのレンジフードの設置には、特殊な工事が実施されるためです。
リフォーム費用は150〜300万円程度を想定しておきましょう。

キッチン周辺(壁紙・床材等)もリフォームする場合の費用

キッチンのリフォームとともに、キッチン周辺の壁紙・床材も変更する際には、大掛かりな工事が必要です。
選択する壁材・床材さらにキッチンの面積によりコストが異なるものの、床の張り替えには5〜20万円、壁紙には4〜6万円の費用がキッチンリフォーム費用とは別にかかります。
ただし、キッチンリフォームと同時に実施することで、統一感がある仕上がりになります。

カウンターキッチンをおしゃれに見せるコツ

カウンターキッチンをおしゃれに仕上げるためには、以下のコツを知っておくと良いです。
おしゃれなカウンターキッチンがあれば、ダイニングとリビングの雰囲気も変わります。

基調カラーを決める

ゴチャゴチャとした印象にならないように、キッチン・ダイニング・リビングの基調カラーは合わせるべきです。
現在のキッチンはカウンター・ワークトップ・収納扉・シンクまで細かくカラーを選択することができますが、キッチン単体ではなく同じ空間にあるダイニング・リビングとの相性も考えて決めましょう。

見せる収納をする

散らかりやすいものは隠せる収納に仕舞うべきですが、見せる収納も活用するとキッチン空間がカフェのようなおしゃれな雰囲気に変わります。
また、見せる収納に置いているものは取り出しやすく使いやすいというメリットもあります。

おしゃれな瓶に使用頻度が高いスパイスを入れて並べてみたり、お気に入りのお皿やカップを置いたりするだけで、家事効率を上げながらおしゃれな雰囲気を演出できます。

植物やインテリアを置く

キッチンは効率性を重視してしまいやすい場所ですが、ふとしたところに植物やインテリアを置くことでキッチンの雰囲気が華やぎます。
キッチンの雰囲気に合った小物や植物を探してキッチンをコーディネートするのも、リフォームを楽しむ方法の一つです。

照明を変更する

キッチンの照明にペンダントライトやスポットライトなどのおしゃれな照明を導入すると、ダイニングキッチンがあるレストランのような雰囲気を演出できます。
キッチンの雰囲気が決まっているのなら、こだわりの照明を導入すると一気に理想のキッチンに近づきます。

カウンターキッチンリフォーム事例

ここでは、壁付きキッチンをアイランドキッチンにリフォームしたご家庭の事例を紹介します。

1.独立型のキッチンを対面式に変更して憧れのカウンターキッチンを導入

お子様が巣立ち夫婦二人の生活がスタートしたのをきっかけに、住み慣れた家をリフォームして一新しました。
独立式のキッチンを憧れの対面式のカウンターキッチンにリフォームし、料理をしながら夫婦のコミュニケーションを楽しむことができるようになりました。
また、収納を増やすためにパントリーを新設することで、使いやすい理想的なキッチンを実現できました。

2.家事効率をアップさせるアイデア満載の横並び型カウンターキッチン

お子様の成長を機に賃貸から祖父母を空き家へ住み替え、雑誌で理想のリフォームが掲載されていた山根木材へリフォームへ依頼しました。
ショールームで一目惚れした収納力の高いWOODONEのキッチンを導入し、背面の壁にもパントリーを設置し収納に困らないキッチンを実現しました。

また、キッチンとダイニングを横並びにすることで目線を遮るものなく家族の会話を楽しむことができます。
キッチン周りにランドリースペース、勝手口までの動線を確保することで、家事効率もアップしました。

まとめ

カウンターキッチンのリフォームでは、家族に適したキッチンの種類・通路幅・収納を考えることが大切です。
カウンターキッチンにはメリットのみでなくデメリットもありますが、事前の対策によりデメリットをカバーできます。
この記事を参考に、カウンターキッチンのリフォームについて考えてみてください。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万件を超える施工を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったリフォームプランをご提案します。

今なら「リフォームまるわかり大辞典」を無料進呈中です。お問い合わせ・資料請求は、下記お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社では、広島県内を施工エリアとさせていただいています。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材リモデリングウェブサイト

人気の記事

  • 起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

    2023/11/16

    起工式とは?挨拶と流れや着工式・地鎮祭との違いを解説

  • スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

    2024/01/12

    スロープ設置リフォームに最適な勾配とは?バリアフリー化の注意点は?

  • 古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

    2024/01/15

    古民家リフォームで必要な耐震補強とは?費用相場や注意点を解説

  • マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

    2023/11/15

    マンションリフォームの騒音トラブルとは?対策方法やクレーム時の対応

  • リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方

    2023/10/31

    リフォームにおすすめのトイレ10選|最新機能やトイレの選び方