和モダンな家をオシャレに仕上げる内装・外観のポイントとは?

  • 作成日:2023/12/20
  • 更新日:2024/01/13
  • 編集者:山根木材メディア編集部
和モダンな家をオシャレに仕上げる内装・外観のポイントとは?

和モダンな家では、おしゃれで落ち着いた雰囲気を楽しめます。
伝統的な和の雰囲気と現代的なテイストを融合させた住宅であり、落ち着いた空間と利便性が両立できます。

しかし、どうすれば和モダンな住宅が建てられるのか分かりにくいと感じる方もいらっしゃいます。
今回の記事では、和モダンな住まいの特徴や建築時のポイントとメリットについてまとめました。

和モダンとは

「和モダンなインテリア」「和モダンなテイスト」という言葉を耳にしたことはありませんか?
和モダンに対するイメージはあるものの、どのような住宅が和モダンな住宅だと言えるのか分からない方は多いです。
まずは、和モダンとは何かについて理解を深めましょう。

和モダンと和風の違い

和モダンと和風は似ている部分があるものの、異なるテイストを指しています。
和モダンとは、日本の伝統的な和の雰囲気に現代的なテイストを混ぜたものを指しています。

「和風モダン」と呼ばれる場合もあり、和モダンの住宅には畳・障子・ふすま・床の間などの和風住宅の設備が取り入れられることが多いです。
また、モダンなテイストの住宅に和風の家具を置いたり、和風の住宅に現代風の家具を置くなどの工夫でも和モダンを演出できます。

和モダンな家の特徴

和モダンな家の特徴には次のようなものがあります。
和モダンなマイホームを建築する際には、下記の特徴を意識すると良いでしょう。

  • 背が低く落ち着いた色合いの家具を設置する
  • 伝統的なテイストと現代風のテイストのバランスが取れている
  • 珪藻土・無垢材をなどの天然素材を積極的に使用している
  • 自然素材は和風テイストとの相性が良く、和モダンな住宅の雰囲気をより質の高いものにできます。

和モダンな家のメリット

和モダンな家(外装)①

ここからは、和モダンな家を建築するメリットや魅力について説明します。

趣があり経年劣化も楽しめる

住宅には家族が長く暮らす中で傷などを含む多くの経年劣化が現れます。
一般的な住まいでは、気になる経年劣化を隠したり補修したりしながら暮らすことになりますが、和モダンな住まいは経年劣化も趣として楽しめるでしょう。

特に自然素材は時間の流れで色味や雰囲気が変化するため、家族の成長とともに住まいも様変わりしていきます。
住まいの経年劣化を残念に思うのではなく、楽しみに暮らせるのです。

日本の気候に適している

伝統的な和風住宅は日本の気候に適しています。
夏の暑さ・冬の寒さのみでなく、梅雨の時季の湿気や台風、さらに地震にも強い住宅なのです。

特に和モダンな空間を演出する目的で自然素材を積極的に活用した場合は、壁や床からの調湿効果が期待でき、どの季節も快適に過ごせるようになります。

住まいの内装を和モダンにするポイント

和モダンな家(内装)①

和モダンな雰囲気の内装を形にしたいと考えていても、何から手をつければ良いのか分からない方もいるでしょう。
ここでは、和モダンな雰囲気を演出するポイントについてまとめました。

壁紙や配色を工夫する

和モダンな内装ではブラック・ネイビー・グレーなどのダークカラーがベースに取り入れられることが多いです。
そのままでも落ち着いた雰囲気になりますが、モダンなテイストを加えるために壁紙や家具で差し色を入れると良いでしょう。

ダークカラーに適した差し色には、朱色・橙色・くちなし色などがあります。
また、ベースカラーにホワイトやベージュを選択し、藍色や茄子紺色を差し色にするという手もあります。

畳の種類にこだわる

和モダンな住まいでは、フローリングの一部に畳が取り入れられる場合があります。
一般的なデザインの畳を活用しても良いですが、縁のない琉球畳を導入すれば、よりおしゃれな仕上がりになります。

琉球畳は和モダンなインテリアとの相性が良く、さまざまなカラーが用意されています。
また、畳の設置と同時に、実用的かつ和風な雰囲気を強調可能な掘りごたつを作るのもおすすめです。

直線的なラインを強調する

障子や格子を活用して直線が強調されれば、凛とした雰囲気の空間になります。
柔らかな印象の強いカラーを使用した部屋でも、直線ラインが際立つだけでシャープなイメージになります。

住まいの外観を和モダンにするポイント

和モダンな家(外装)②

住まいの外観を和モダンな雰囲気にするには、次の点を意識すると良いでしょう。

凹凸が少なく直線的

和モダンな雰囲気を演出したい時には、屋根の傾斜や住宅の凹凸を最小限に抑えた外観をおすすめします。
正方形・長方形で直線的なラインが、シャープで現代的な印象を演出できます。
カラーもシンプルに黒・グレー・ネイビー・白などを選択し、落ち着いた雰囲気に仕上げるのが良いでしょう。

瓦・モルタル・土壁を活用する

瓦・モルタル・土壁などは日本の住宅に使われていた伝統的な手法であり、和風の落ち着いた雰囲気を演出しながら他の住宅の外観と差別化できます。
一般的な外壁と比較して多少コストがかかるものの、土壁は室内で発生した水蒸気を吸収できるという特徴があり、モルタルは重厚で独特の質感になります。
遠目で見ても近くで見ても美しい外観に仕上げることができます。

失敗実例をもとにした和モダンな家の注意点

和モダンな家(内装)②

和モダンの住まいは魅力的ですが、いくつか事前に把握しておくべき注意点があります。
十分な準備をして満足のいく住宅建築ができるようにしましょう。

選択する素材によってはメンテナンスに手間がかかる

和モダンな住宅では自然素材が活用されることが多いですが、一部の自然素材にはメンテナンスコストがかかります。
例えば、土壁はひび割れしやすく、定期的な塗り直しのメンテナンスが欠かせません。

また、無垢材を活用したフローリングには定期的なワックスがけ・珪藻土の壁のひび割れには補修作業が必要でしょう。
ただし、自然素材のメンテナンスは自分でできるものが多く、適切なケアにより長く美しい状態を保てるというメリットもあります。

家具のテイストも和モダンを意識するべき

和モダンな住宅にテイストの違う家具を揃えてしまうと、マイホームの雰囲気が統一できません。
住宅建築時には購入する家具も同時に考えていくと良いでしょう。
背が高い家具よりも背が低い家具の方が、和モダンの住宅にマッチします。

プライバシーの確保のための工夫が必要

ふすまや障子で部屋を仕切ると、各部屋のプライバシーが確保しにくくなります。
ふすまや障子は見た目が美しく通気性に優れているものの、遮音性・断熱性は期待できません。
ふすま・障子で区切る部屋は個室ではなく半個室として扱うと良いでしょう。

和モダンの住まいが適している家族とは?

ここでは、和モダンの住まいが適している家族の特徴を紹介します。

  • 落ち着いた雰囲気の住宅に暮らしたい
  • 長く愛着を持って家をケアしながら大切にしたい
  • 自然素材を積極的に取り入れた暮らしがしたい
  • 和風テイストが好き

まとめ

和モダンな住宅なら、落ち着いた和風の雰囲気と現代的なテイストを組み合わせた暮らしができます。
和風が好きだけれど純和風の住宅は暮らしにくそうだと感じる方や、落ち着ける空間で暮らしたいと考えているのなら、和モダンな住宅を検討すると良いでしょう。
和モダンを意識した注文住宅を建築する際には、初めから住宅の建築を依頼する業者にその希望を伝えましょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万棟を超える注文住宅を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったプランをご提案します。
お問い合わせ・資料請求は、webサイトからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材ホームウェブサイト

人気の記事

  • 乾太くんを導入するメリット・デメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

    2023/11/06

    乾太くんを導入するメリットとデメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

  • 勾配天井とは?メリット・デメリットや 失敗しない照明の選び方

    2023/11/06

    勾配天井とは?メリット・デメリットや失敗しない照明の選び方

  • 耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

    2023/11/13

    耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

  • 木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

    2023/11/11

    木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

  • 地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!

    2023/12/18

    地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!