注文住宅のキッチンの選び方は?種類ごとのメリット・デメリット

  • 作成日:2023/12/27
  • 更新日:2024/01/13
  • 編集者:山根木材メディア編集部
注文住宅のキッチンの選び方は?種類ごとのメリット・デメリット

キッチンの使い勝手は間取りで大きく異なります。キッチンの間取りにはいくつものパターンが存在することから、家族に最適なレイアウトが分からないと感じる方も多いでしょう。

今回の記事ではキッチンの間取りについて詳しくまとめました。
これから注文住宅を建築しようと考えている方は、理想のキッチンのスタイルは何か考えてみてください。

注文住宅のキッチンレイアウトの種類

注文住宅のキッチン①

注文住宅のキッチンの代表的な間取りには、I型キッチン・アイランドキッチン・ペニンシュラキッチン・二列型キッチンなどがあります。

キッチンのレイアウト 特徴
I型キッチン 壁に面した一直線型のキッチン
アイランドキッチン キッチンが壁に接しておらず独立しているレイアウト
ペニンシュラキッチン アイランドキッチンと似た構造であるもののキッチンの一部が壁に接しているレイアウト
二列型キッチン キッチンのシンクとコンロを2列に分けたレイアウト

I型キッチン

I型キッチンは壁に面したキッチンを指しており、料理に集中できるという特徴があります。昔ながらのデザインでもあります。
I型キッチンは限られたスペースにも導入でき、比較的手頃な価格で販売されています。
リビング一体型のキッチンはもちろん、リビングと別にキッチンを設ける間取りの住宅にも取り入れられます。

デメリットとしては、横幅が広くなると移動距離が増えて家事効率が下がるという点と、リビング一体型のキッチンの場合はリビングからキッチンが丸見えになってしまうという点があります。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、名称通りキッチンが島のように独立し、どの壁にも接していません。
そのため、フレキシブルにキッチンへの出入りができ開放的な雰囲気になります。

基本的には壁面を背にしてリビングやダイニングと対面する形で設置されることから、家族とコミュニケーションをとりながら家事を進められます。
複数人での調理にも適しており、ホームパーティーにも適した間取りです。

ただし、アイランドキッチンの設置には広いスペースを用意する必要があります。
吊り戸棚が設けられないため、別途収納スペースを確保しなければいけません。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと似たレイアウトであるものの、キッチンの一部が壁に接し、完全には独立していません。
リビングやダイニングと対面している形で設置され、換気設備とコンロ側が壁とつながる向きになる場合が多いです。

アイランドキッチンと同様のメリットを持ちながら、作業台が丸見えになる状態を防げるなどの特徴もあります。
しかし、吊り戸棚が設置しにくいため、収納を別途確保する必要があります。

二列型キッチン

二列型キッチンはコンロとシンクを分けて設置し、「二」の字のように並べるレイアウトです。
作業スペースが多く家事動線が効率的というメリットがあり、多くの収納も設置できます。
お料理が好きな方に適したキッチンだと言えます。

二列型キッチンのデメリットには、シンクからコンロまでの移動で水分などが床に落ちやすいという点があります。
特に水に弱い床材は二列型キッチンに採用するべきではないでしょう。

注文住宅のキッチンの選び方

注文住宅のキッチン②

注文住宅のキッチンを選ぶ際には、次の点を意識してください。

家事動線を考える

家族の普段の家事動線を考え、家族がスムーズに家事を進められるキッチンはとても便利です。
掃除・料理・洗濯の際の移動経路を明らかにして、なるべく短時間かつシンプルな動きで家事を進められると良いでしょう。

また、家族の生活動線と家事動線が混ざらない工夫も必要です。
生活動線と家事動線が狭い通路に混在すると、家事効率が下がってしまいます。

収納量や使い勝手を考える

キッチンの収納が不足していたり使い勝手が悪かったりすると、キッチンが片付けにくく散らかりやすくなります。
収納は多ければ良いというものではなく、持ち物に適したサイズ・形状である必要があります。
現在のキッチンの収納を見ながら、必要な収納を想像してみましょう。

例えば、小物が多い方は引き出し収納を増やす・お鍋やお皿専用の収納を用意するなどの工夫をすれば、オーダーメイドのようなキッチン収納が用意できます。

必要な通路の幅を用意する

キッチンに必要な通路幅は、同時にキッチンを行き来する家族の人数によって異なります。
一人で料理をすることがメインの場合は80〜90cm、二人で料理をするまたは他の家事動線もキッチン通路を使用する場合は、100〜120cmの通路幅が必要になります。

家族に適したキッチンの通路幅は、家族の体格や料理のスタイルでも変わります。
モデルハウスで実際に家族と並んでみて、必要な通路幅を確認すると良いでしょう。

手入れがしやすい素材を選択する

キッチンは料理をするたびに汚れてしまう箇所です。そのため、手入れがしやすい素材を選ばなければ美しい状態を維持できません。
油汚れも拭くだけで簡単に取り除けるような素材・仕上げを選び、日々の片付けのストレスや労力を軽減しましょう。

必要なコンセントの数や位置を決めておく

台所で調理家電を使用したいと考えた時に、コンセントが見つけられないことがあります。
台所のコンセントは使用予定の家電に合わせて数と容量が必要となります。

特に調理家電には消費電力が大きいものもあるため、注意してください。
可能であれば、今後調理家電が増える可能性も加味したコンセント数を用意すると良いでしょう。

自分に適した高さを選ぶ

キッチンのワークトップの高さには80〜95cmの幅が存在し、自分の身長に適したものを選ぶ必要があります。
基本的には「身長÷2+5cm」が目安だと考えられているものの、実際にモデルハウスで自分の好みの高さを確認すると良いでしょう。
身長に適していないキッチンで調理を続けると、体に負担がかかってしまう恐れがあります。

ダイニングとセットで考える

キッチン・ダイニングが一体型の間取りが主流である現在では、キッチンとリビングをセットで考えるべきです。
キッチンで調理中の家族との距離感、リビングからのキッチンの見え方をシミュレーションしてみましょう。
開放感があるキッチンは魅力的ですが、ワークトップが丸見えの状態になると、来客時に生活感が出過ぎてしまう可能性があります。

必要な設備は何か考える

キッチンの間取りごと・施主の要望により必要な設備は異なります。
特に開放的なキッチンは食材の香りが家中に広がりやすいことから、換気性能が高いレンジフードを選ぶと良いでしょう。
キッチンは毎日使用する場所であるため、見た目のみでなく実用面も考える必要があります。

注文住宅のキッチン選び失敗事例

注文住宅のキッチン③

最後に、注文住宅のキッチン選びの失敗例を紹介します。
以下を参考に失敗がないキッチン選びを実現しましょう。

アイランドキッチンを設置したらダイニングが狭くなった

アイランドキッチンは、キッチンのレイアウトの中でも広いスペースが必要になる間取りです。
そのため限られた面積のリビングにアイランドキッチンを設置すると、リビングそのものが狭くなってしまう恐れがあります。

アイランドキッチンは6畳程度のスペースを使用します。
リビングの広さも確保したいと考えているのなら、その他のレイアウトのキッチンを選択するか、リビングの間取りを見直す必要があります。

ゴミ箱を置くスペースを用意し忘れた

キッチンを考える時に見落としされやすいのが、ゴミ箱を置くスペースです。
ゴミ箱置き場をキッチン以外に設けるという手段もあるものの、家事動線が非効率になる可能性があります。

ゴミ箱置き場は、可燃用・不燃用・リサイクル用など多少のスペースを用意する必要があります。
注文住宅でキッチンを考える時には、ゴミ箱置き場を用意すると良いでしょう。

まとめ

注文住宅ではキッチンを自由に決められます。家族に適したキッチンのレイアウトは何かよく話し合い、理想的なキッチを選びましょう。
理想に合ったキッチンを選べば、これまで以上に家事がスムーズに進められます。

まずは、家族の希望を聞いて普段の家事動線をチェックし、今のキッチンにある不満をまとめてみてください。
モデルハウスで、さまざまなキッチンを参考にするのもおすすめです。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万棟を超える注文住宅を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったプランをご提案します。
お問い合わせ・資料請求は、webサイトからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材ホームウェブサイト

人気の記事

  • 乾太くんを導入するメリット・デメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

    2023/11/06

    乾太くんを導入するメリットとデメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

  • 勾配天井とは?メリット・デメリットや 失敗しない照明の選び方

    2023/11/06

    勾配天井とは?メリット・デメリットや失敗しない照明の選び方

  • 耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

    2023/11/13

    耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

  • 木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

    2023/11/11

    木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

  • 地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!

    2023/12/18

    地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!