福岡県春日市の住みやすさは?人気の理由や移住時の注意点を徹底

  • 作成日:2024/01/24
  • 更新日:2024/02/21
  • 編集者:山根木材メディア編集部
福岡県春日市の住みやすさは?人気の理由や移住時の注意点を徹底

福岡県春日市は、福岡市に隣接する利便性と子育てしやすい環境を備えた人気の移住先です。
福岡市内までの距離は10km程度であるため、さまざまな公共交通機関で福岡への通勤通学ができます。
今回の記事では、福岡県春日市の住みやすさについて詳しくまとめました。
福岡県への移住を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

福岡県春日市とは

福岡県春日市は福岡市博多区と南区に隣接しており、南から北に向けてなだらかな傾斜を持っています。

福岡市にアクセスしやすいだけでなく、ほど良い自然も楽しめるという特徴から、新・公民連携最前線の「シティブランド・ランキング2021」の九州・沖縄エリアランキングで1位を獲得しました。

福岡市を抜いての一位獲得は、春日市の魅力が多くの移住者から人気を集めている証だと言えます。

春日市では市全体で子育て支援に力を入れているため、特に子育て世代からの人気が集まっているのです。
福岡県の移住先として人気の市と言えば福岡市を思い浮かべる方が多いようですが、隣にある春日市も移住の検討先に入れておきましょう。

福岡県春日市の魅力と特徴

ここでは、春日市の魅力と特徴についてまとめました。移住先に求めるポイントを考えてみましょう。
春日市の魅力を知れば、春日市が「住みやすい町」として高く評価されている理由が分かります。

子育てがしやすく若者が多いベッドタウン

春日市では次世代育成支援計画として「春日市子ども・子育てニコニコプラン」を推進しています。
子育てを支える地域活動やネットワークづくりに力を入れ、仕事と生活の調和実現に向けての取り組みを進めているのです。

具体的には、妊娠中から活用できる子育て情報提供アプリ「春っこ」・産後の保護者に必要な予防接種や各種行政手続きを通知する「マチカゴ」を提供し、初めての子育てをするママやパパに、不安を感じさせない工夫をしています。

また、市内の小中学校は評判が良く、優れた教育環境が整っています。春日市であれば安心して子育てができるでしょう。

利便性と自然が共存した理想的な住環境

春日市には多くのコンビニやスーパーの他に、さまざまな種類の飲食店も点在しています。
一部店舗は24時間営業である「アクロスモール春日」や「春日フォレストシティ」などのショッピングモールに行けば、生活に必要なものは手に入るでしょう。

福岡市にもすぐ足を伸ばせるため、買い物先に困る心配はいりません。
春日市は、閑静な住宅地と長閑な自然が両立している理想的な住環境が揃っています。

鉄道・バス・都市高速が揃った抜群のアクセス

春日市にあるJR春日駅・JR博多南駅から福岡市の博多駅までは、10分程度で到着します。
春日市の東端に位置する西鉄春日駅を活用した場合でも、急行に乗れば同じく10分程度で博多駅に移動できるのです。

春日市はコンパクトな町であるため、どこに住んでも福岡市へのアクセスが抜群です。

また、コミュニティバス「やよい」を使えば、バスでも福岡市に向かえます。「やよい」は市内の公共施設を巡っていることから、市内の移動にも活用できるのです。
現在通勤通学に多くの時間を割いている方が春日市に移住すれば、自分の時間や家族との時間を持てるようになるでしょう。

週末のお出かけ先が充実!

春日市には、白水大池公園や春日公園といった広い公園があり、気軽に散歩やピクニックを楽しめます。
さらに春日公園にはスケートパークが用意されているため、遠方からスケートをしに来る方もいるのです。

次の章で紹介する観光スポットも含めて、春日市には多くのお出かけ先があります。
特に長距離移動が難しい小さな子どもがいるご家庭には、お出かけ先の充実度が魅力的なのは嬉しい特徴です。

福岡市春日市の観光スポット

ここでは、春日市の観光スポットをまとめました。春日市であれば、市内で観光も楽しめます。
自宅の近くで充実した週末を過ごせれば、移動時間に疲れてしまう心配はないでしょう。

春日神社

春日神社は伝統ある神社で、現代では緑あふれる憩いの場として多くの方に親しまれています。大正十四年には戦乱の兵火により消失しましたが、その後再興されました。

毎年成人の日の前夜に行われる「婿押し祭り」(若水祭)では、前年に結ばれた夫婦の婿を締め込み姿の男たちが手荒く押して祝福します。
祭りのクライマックスでは男たちが一斉に拝殿に駆け上がり、花婿を中心にして祝唄を唱和します。

この特徴的なお祭りは、国指定の重要無形民俗文化財に認定されているのです。

春日市奴国の丘歴史資料館

春日市奴国の丘歴史資料館は春日の歴史を学べる施設です。
資料館は、国宝「漢委奴国王」の金印で知られる「奴国」があったと考えられている春日市の「須玖岡本遺跡」に位置します。

館内には弥生時代の青銅器などの展示や、甕棺墓を発掘時の状態で展示しているドームも存在します。
春日市奴国の丘歴史資料館に行けば、春日市の歴史のみでなく日本の歴史を体感しながら学べます。

また、資料館は春日市奴国の丘歴史公園内にあり、公園では広大な芝生広場や数多くの植物を楽しめます。
資料館と合わせて、親子で過ごせるレジャースポットです。

白水池

白水池は春日市のシンボルである溜池です。池の周辺には敷地面積が16ヘクタールもある白水大池公園が位置しています。

白水大池公園は市民の憩いの場として連日親子連れで賑わっており、19種類の遊具がある「ちびっこ広場」や芝生が美しい「多目的広場」と、暑い時季に人気の「噴水広場」があります。
白水池を囲むように2.2kmの遊歩道が設けられ、小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の方がウォーキングやジョギングを楽しめるのです。

福岡県春日市に移住する時の注意点

春日市に移住を考えているのなら、次の注意点を把握しておきましょう。
移住前に十分な準備をすれば、予想外のトラブルが発生するリスクを少なくできます。

人口が増えている分交通渋滞も増加している

春日市はその利便性や恵まれた住環境から、移住先として全国的に人気を集めています。そのため、人口の増加の影響を受けて交通渋滞が起こりやすくなっているのです。

特に通勤通学の時間帯には、市街地の道路が混雑する場合があります。
春日市に移住を考えているのなら、下見の際に通勤通学の時間帯の混雑状況を確認しておくとよいでしょう。

駅周辺以外に暮らす場合は車が必要

春日市はコンパクトで利便性の良い立地であるものの、駅周辺以外に暮らす場合には自家用車が必要でしょう。

バスを活用するという手段も選択可能ですが、深夜までバスが走っていない地域もあるのです。
自家用車を持てば福岡市内にも簡単に出かけられ、より春日市での暮らしを充実したものにできるでしょう。

まとめ

福岡県春日市は福岡市の博多区や東区に隣接するコンパクトな市であり、市内のどこからでも簡単に福岡市にアクセスできます。
そのため、福岡市への通勤通学がしやすい地域として多くの移住者から人気を集めているのです。

また、自治体が子育て支援や教育に力を入れていることから、子育て世代が集まる若いパワーを持つエリアでもあります。

春日市への移住を考えているのなら、実際に春日市に足を運んで町の雰囲気や暮らし心地を確認してみてください。
十分な事前調査と準備をすれば、理想的な移住を実現できるでしょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万棟を超える住宅を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったプランをご提案します。

お問い合わせ・資料請求は、webサイトからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材ホームウェブサイト

人気の記事

  • 乾太くんを導入するメリット・デメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

    2023/11/06

    乾太くんを導入するメリットとデメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

  • 勾配天井とは?メリット・デメリットや 失敗しない照明の選び方

    2023/11/06

    勾配天井とは?メリット・デメリットや失敗しない照明の選び方

  • 耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

    2023/11/13

    耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

  • 木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

    2023/11/11

    木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

  • 地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!

    2023/12/18

    地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!