外構工事の費用相場と工程とは?理想的な外構を手に入れるポイント

  • 作成日:2023/12/18
  • 更新日:2024/01/13
  • 編集者:山根木材メディア編集部
外構工事の費用相場と工程とは?理想的な外構を手に入れるポイント

外構は住まいの印象を左右する重要なパーツであり、家族の暮らしやすさにも直結します。
注文住宅のデザインとマッチするような外構があれば、住まい全体の印象をおしゃれに統一できるでしょう。

今回の記事では外構工事の方法や必要な費用の相場と工程についてまとめました。
マイホームの外構を計画しようと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

外構工事とは?

外構工事とは、住宅の外回りの工事全体を指しており「エクステリア」と呼ばれる場合もあります。
具体的には、玄関ポーチ・駐車場・門・塀・造園植栽工事のみでなく、排水工事・電気配線工事も外構工事に含まれるのです。
住宅の外回りの工事は全て外構工事に該当すると言えます。

外構工事の重要性

マイホームを建築しようと考えた時に、多くの方は住宅の内装や外装に力を入れるものです。
そのため、住宅建築時に外構工事の希望をまとめていなかった・外構工事の予算を用意していなかったなどの問題が起こることも珍しくありません。

しかし、住まいを外から見た時に最も先に目に入るのが外構です。外構工事の有無は住まいの印象を大きく変えてしまうと言えるでしょう。

また、住宅の外構は住み心地にも影響を与えます。
外構工事を後回しにすると、住宅への出入りの度に足元が汚れてしまったり悪天候時の移動がしにくくなったりする可能性があるのです。

外構工事の種類と費用相場

外構工事

外構工事は住まいの外回り全体を指しているため、非常に多くの種類が存在します。
ここでは、外構工事の種類と工事に必要な費用の相場をまとめました。
家族が希望する自宅に適した外構工事は何か考えてみてください。

門周り

門周りは住宅の顔と言える部分です。
防犯性・耐久性のみでなく、家族が希望するデザインの門周りが用意できると良いでしょう。
門周りの工事に必要な費用は、門の素材や形状によって異なります。

門の素材 タイプ 費用相場
アルミ材 片開き 8万円程度
アルミ材 両開き 12万円程度
ステンレス材 片開き 17万円程度
ステンレス材 両開き 27万円程度

ただし、最近では開放的な空間や用意可能な面積の問題から、門を設置しない住宅も増えました。

フェンス

フェンスは住宅の防犯性能を高める目的で設置されます。
一般的なフェンスの設置に必要な費用は以下の通りです。

フェンスの種類 費用相場
スチールメッシュフェンス 5,000〜10,000円/m
アルミ素材フェンス 10,000〜60,000円/m
木目調フェンス 10,000〜30,000円/m
ウッドフェンス 30,000〜40,000円/m

門周りと同じように、フェンスを設置しない住宅も増えました。

玄関アプローチ

玄関アプローチとは門または道路から玄関までの小道を指しており、舗装にはタイル・レンガ・砂利・インターロッキング・コンクリートなどが活用されています。
施工面積によって異なるものの、10〜30万円程度が工事費用の相場であり、スロープの有無や選択する素材次第でコストが変わってくるでしょう。
玄関アプローチがあれば、天候が悪い時でも足元を汚さずに移動できます。

駐車場・カーポート

駐車場・カーポートを用意することで、自宅敷地内に車を駐車できるようになります。
駐車場には砂利・コンクリート・アスファルトなどの舗装方法があり、素材や広さによって必要なコストが異なるでしょう。

駐車場の設置についての詳しい情報は、以下の記事を参考にしてください。

1台用のカーポートであれば16〜70万円程度で設置可能であり、耐久性・デザイン性・素材ごとにコストが異なります。

ガーデン・植栽

住まいの外構工事と言うと門やフェンスの工事を思い浮かべる方が多いようですが、実際にはガーデニングを含む造園植栽工事も外構工事の一種として扱われます。

ガーデン工事についての詳しい情報は以下の記事を参考にしてください。

砂利や芝生の設置は50万円未満で実施可能なものの、面積が広い敷地へのコンクリートやタイルの設置には100万円以上のコストが必要です。

テラスやサンルーム

庭にテラスやサンルームを設置してより用途を広げるという手段もあります。
テラスはガーデンニングや家族の憩いの場としても活用でき、サンルームがあれば雨の日でも問題なく洗濯物を干せるようになります。

テラスやサンルームの設置に必要な費用の例は次の通りです。

外構工事の内容 費用相場
テラスの設置 15〜25万円程度
屋根付きのテラスの設置 20〜35万円程度
サンルームの設置 50〜80万円程度
気密性の高いサンルームの設置 100〜150万円程度

テラス・サンルームにもいくつかの種類があるため、希望する用途とお住まいの地域に適したものを選択できると良いでしょう。
積雪がある地域では、耐久性の高い商品を選ぶ必要があります。

照明

外構に適切な照明があれば、夜間の帰宅でも歩きやすくなります。
ただし屋外のライトは常に紫外線や雨風に晒されるため、耐久性が高いものを選ぶ必要があります。

照明のタイプ 費用相場
ポールタイプの照明 3〜6万円程度
スポットライトタイプの照明 3〜4万円程度
門灯タイプの照明 2〜5万円程度

庭周りの照明はDIYでも設置可能ではあるものの、耐久性はもちろん強風時の対策にも注意が必要です。
太陽光発電タイプの照明なら、電気配線を用意せずに照明を設置できます。

物置

庭に倉庫タイプの物置を設置すれば、普段使用しないような物やアウトドア用品・スポーツ用品を屋外に保管できるようになります。
現段階で住まいの倉庫が荷物で溢れてしまっている方は、物置の設置を検討すると良いでしょう。

物置には、コンパクトなサイズから自転車まで入るような大きめサイズまでさまざまな商品が存在します。
設置予定のスペースや用途に合わせて、適切な商品を選ぶと良いでしょう。

物置の本体価格は3〜40万円程度、設置価格は1〜2万円程度です。

外構工事の工程(エクステリア全体工事の場合)

工事の流れ

ここでは、外構工事の工程を簡単にまとめました。
エクステリア全体の工事は以下のような流れで進みます。

  1. 土工事(地面を平らにする・転圧する)
  2. フェンスのベースブロックを設置する
  3. カーポートを設置する場合は柱を立てる
  4. 床面に下地コンクリートを打設する
  5. カーポートを建てる
  6. フェンスを立てる
  7. 植栽工事
  8. 仕上げ(砂利施工・人工芝施工など)

工事内容や外構工事業者により、工事の流れが多少異なります。
外構工事の内容が決まったら、工事の流れや工期について確認しておきましょう。

外構工事で失敗しないためのポイント

外構工事の失敗を予防するには、次のようなポイントを理解しておいてください。
理想的な外構を手に入れるために欠かせないステップです。

重点ポイントを決めて優先順位をつける

外構工事を一度に全て実施しようとすると、非常に多くのコストがかかります。
特に外構の面積が広い土地では、コンクリートを打設するのみでも多くのコストが必要になります。

しかし、外構工事を後回しにすると、生活に支障が出る可能性があります。
費用をかけるポイント・節約するポイントを明確にし、予算内で外構工事が完了できると良いでしょう。

例えば、庭の全面をおしゃれなタイルで仕上げるのではなく、玄関アプローチのみタイル仕上げにして砂利やコンクリートも活用するなどの選択をすれば、大幅にコストを下げられます。
家族が譲れないポイント・節約できるポイントを決めておくとよいでしょう。

使い勝手や手入れのしやすさを重要視する

外構は住まいの外にあるため、埃や砂が溜まりやすいものです。
手入れに手間がかかる素材を選んでしまうと、美しい状態を保ちにくくなります。

また、庭に植林・芝を活用した時には、水やり・草刈りなどの手入れが必要です。
元から庭を手入れする時間がないと感じている方は、手入れの手間を最小限に抑えられる外構の種類を選択すると良いでしょう。

防犯面やプライバシー確保を意識する

外構は住宅の防犯・プライバシー確保という役割も持っています。
例えば開放的な外構は住まいの印象を明るいものに変えますが、人目が気になったり防犯上のリスクが高くなったりする可能性があります。

外構の種類を考えるのであれば、見た目だけでなく機能面も考慮する必要があります。
住まいに適した外構のスタイルは、お住まい周辺の環境で異なります。

まとめ

外構工事は住宅の印象を左右し、暮らしやすさを叶える重要な役割があります。
しかし、土地が広いほど外構工事にかかる費用が高額になると考えるべきでしょう。

外構工事を進めるのであれば、重点を置くポイントを絞り、予算内で理想的な外構が形にできるようにしましょう。

山根木材では「永く住み継がれる家づくり」を目指し、これまでに累積1万棟を超える注文住宅を手掛けてきました。
私たちはお客様の住まいと暮らしに寄り添うライフパートナーとして、ご家族の思いに耳を傾け、ライフステージの変化も見据えた、お客様の暮らしに寄り添ったプランをご提案します。
お問い合わせ・資料請求は、webサイトからお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
yamane_mktg
山根木材メディア編集部

ヤマネホールディングス株式会社マーケティング課が、住まいの検討やより良い暮らしに向けたお役立ち情報などを発信しています。

山根木材ホームウェブサイト

人気の記事

  • 乾太くんを導入するメリット・デメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

    2023/11/06

    乾太くんを導入するメリットとデメリットとは?ガス衣類乾燥機の特徴

  • 勾配天井とは?メリット・デメリットや 失敗しない照明の選び方

    2023/11/06

    勾配天井とは?メリット・デメリットや失敗しない照明の選び方

  • 耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

    2023/11/13

    耐震等級3とは?メリット・デメリットや必要性について

  • 木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

    2023/11/11

    木造住宅の耐火性とは?準耐火との違いと耐火性能の基準について

  • 地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!

    2023/12/18

    地鎮祭とはどんな儀式?当日の流れや服装、費用などを簡単に解説!