採用 - 山根木材の仕事

リフォーム営業 橋本 奈実

記事掲載日:

山根木材リモデリング 営業部 第2営業課 すまいる館営業所

  • 好きな言葉・モットー:いつでも笑顔!
  • 趣味:サッカー観戦(サンフレッチェ大好き)

同じ条件での仕事はひとつもない。

リフォーム営業に異動して半年経ちますが、「リフォーム」は「新築」よりも「お客様が完成イメージを想像しづらい」ものだと実感しています。いま住んでいる場所の変化なので「現在」のイメージが強すぎ、「未来」のイメージが持ちづらい。そこで、パースを用いるなど、いかにお客様に「完成イメージ」を持ってもらえるかが大切。以前、設計部署に居た私はパースを作ることができるので、できる限りお客様に完成イメージを見て頂けるようにしています。もちろん自分でパースを起こせない方は、設計部署に依頼できるのでご安心ください。予算、こだわり、希望工期など、毎回求められる要望は違います。特に工期は、長引けば長引くほど「日常生活」に支障をきたすので、入念な事前準備は欠かせません。同じ条件での仕事はひとつもありませんが、お客様の声に耳を傾け、ニーズを把握し、お客様の満足を作り出していく。全ての依頼がひとつ一つ勉強になる。そんな仕事ですね。

リフォーム営業は、口より耳で勝負。

この半年、先輩に同行しながらリフォーム営業を学んでいます。プランを一緒に考えてもらったり、「お客様に持っていく資料、ちゃんと揃ってる?」と気にかけてもらえるので心強いですね。リフォームに関する知識がない方でも、安心してこの仕事を始めてもらえると思います。私は「人見知り」なんですが、上手に話せない分、一生懸命お客様の声に耳を傾けることを心がけています。リフォームを考えるお客様はご年配の方が多いのですが、先輩営業からも「人生経験豊富な方の信頼を得るためには、口ではなく耳で勝負。一生懸命お話を聞き、ご本人も気づかない暮らしの不満を見つけてプランに反映しよう」とアドバイスされています。上司・先輩から色々勉強しながら、家づくりに100年以上携わってきた山根木材ならではの「オンリーワンのリフォーム」を実現していきたいと思います。

リフォーム前のお客様のご自宅で現地調査。細かな寸法を記録していきます。
既存家屋をCADで図面に起こします。
お客様との打合せ。工程についてもわかり易くご説明します。
インタビュー 一覧
Facebook Tweet LINE
次の記事へ 前の記事へ