採用 - 山根木材の仕事

【DX推進部】新しいことにどんどんチャレンジできる環境です。

記事掲載日:



「物語がつづく暮らし」を提案する山根木材で働く社員の物語をお届けします。



 

大事にしているのは相手の目線に立つこと。

DX推進部は顧客管理などのシステム構築やブランディング・マーケティング戦略の統括を始め、社内PCやスマホの管理などDXに関連する様々な業務を行っています。

DXを推進するためには、ただ専門知識があればいいという訳ではなく、相手の立場に立つことが大事だと考えています。

たとえば新しいシステム導入をする際、まず「このシステムを使い何がしたいのか」「どんなゴールを目指すのか」といった観点から経営者側の意見と、実際に使用する利用者側の意見を聞きながらシステムの全体像や必要な機能を設計していきます。

しかし、あれもこれも取り入れたハイスペックなシステムを導入しても、実際に使う社員が使いこなせなければ意味がありません。

操作に迷いそうな点はどこか?使いづらいと感じるのはどんな時か?など利用者の視点を大事にしながら、マニュアル整備や研修を実施しシステムが定着するように工夫をしています。

システムと利用者の仲介役になれるよう意識しています。

日々変わっていく分野なので、新しいことを身に着けたい。

元々システムやマーケティングの専門ではなかったので、日々勉強です。

積極的にオンラインセミナーを受けたり、本を読んで情報収集をしてます。

はじめは打ち合わせをしていても分からない言葉がたくさんあったので、とにかくメモを取って後から調べていました。

また、協力会社の方に分からないことや気になることは積極的に教えてもらうようにしています。

確実に知識が増えるのが楽しいですね。

知識が増えて自分だけが満足するのではなく、どんどん社内に還元するようにしています。

日々変わっていく分野なので、成長しているという実感が欲しい人は楽しめる部署だと思います。

 

山根木材はとにかく人が優しい。

山根木材はほんとうに人が優しいです。

聞きたいことがある時は仕事をしながらではなく、ちゃんと話す時間を取ってくれます。

話を聞いてくれるだけではなく、お願いしたことは実行してくれて、協力的。

幅広い年齢層の方がいますが、気楽に接しやすい方が多いので楽しいだけでなく仕事もスムーズに進められます。

     

 

Facebook Tweet LINE
次の記事へ 前の記事へ