その他

アルミアングルと構造用合板で補強する工法とは?

基礎補強を行っている現場で

壁の耐震補強にもちょっと変わった工法を取り入れます。

それは

『アルミアングルと構造用合板で補強する工法』

最初に聞いた時は、その補強方法は大丈夫なの?と思いましたが

 

和室の天井や床・壁を残した状態で施工できるという事で

愛知県では良く使われる工法みたいです。

大学での実験を基に、評価シートや耐震補強の手引きも作られています。

評価シート

アルミアングルと構造用合板で補強する工法の評価シート  

耐震補強の手引き

耐震補強の手引き

これをよく読んで施工に入ります。

片付かない!何から始めたらいいの?整理収納の最初の一歩

山根木材リモデリングのブログをご覧いただきありがとうございます。

「片付けられない」「どうしたらいいか分からない」という片付け初心者の方向けに、まず何からするべきかお話ししようと思います。

「よし、片付けを始めよう!」と思った時、皆さんはどこから片付けを始めますか?
やみくもに始めてしまうと、その片付け終わりませんよ。

片付ける場所を「1か所」決めましょう

まず片付けをする場所を1か所だけ決めましょう。

1か所だけです。それも広い場所ではなく、狭い1か所に狙いを定めてください。

日々忙しく過ごす中で、一度にあちこち手を付けてしまうと、片付かないまま時間が経ってしまったり、最悪もっと散らかってしまうかもしれません。

部屋が片付かなくて困っている男性のイメージ

おすすめは、棚1つから始めること。
モノが多い場合は、引き出し1段からでもいいくらいです。

まずはキッチンでたとえるなら、始めにシンク下、次にコンロ下、終わったら吊り棚、食器棚……と順番に手を付けやすいところから始めてみてください。

キッチンを片付ける順番のイメージ

比較的整理しやすいところから手を付けてみるのはいかがでしょうか。

1つ片付いたら次の場所、そこが片付いたらまた次……と少しずつキレイにしていきましょう。

入っているモノを全部出しましょう

片付ける場所が決まって初めにすることは、入っているモノを出すこと。

「これは必要だから置いといて……」はナシです。全部出します。
まだ必要・不要の段階ではありません。

全部出すので、狭い場所から始めることをおすすめします。
いきなり一部屋全部モノを出してしまうと、片付けてるのか散らかしてるのか分からなくなりますからね。

棚1つ分や引き出し1つ分位なら全部出しても大丈夫です。

 

ここで注意が1つ。
モノを出していると、奥の方から懐かしいものが出てきて作業が中断してしまうことがあります。
中断しても、しばらく経ったら戻ってきてくださいね。まだ片付けは終わっていませんよ。

1か所片付けば次がラクに!

片付けはモチベーションが大事だと思います。

少しずつキレイになっていく部屋を見ると、片付いていない所が目について次、次、と手を広げていけます。

どんどんキレイなところが増えていくので気分も上がります。

まず最初の一歩はどんな小さいところでもいいので、1か所片付けてみてください。

いきなり全部キレイにしてしまおうと欲張らず、少しずつ確実に片付けていきましょう。

1人じゃできない!そんなときはプロの手を借りましょう

「自分ひとりじゃできない」「もうどうしたらいいか分からない」とお手上げ状態の方は、私たち山根木材にお声がけください。

今までにたくさんのお客様の収納・片付けのお悩みを解決してきました。

リフォームで家をキレイにしても、片付かなければ意味がありません。
モノの量を把握し、必要な収納を必要な場所に。

一緒に片付けをして、キレイな状態を保てる家をつくりましょう。

エアコン故障をきっかけに考える交換時期と耐用年数

先日実家に帰ったのですがある事件が。

夜、自室のエアコンをつけて少し作業をしていました。

が、暑い。汗が止まらない。エアコンから風は出ているし、冷房の設定温度は25℃。おかしい。

どうやら壊れてしまったようです。どおりで前日寝苦しいと思って目が覚めたわけだ。

 

私の部屋は、普段は母が作業部屋としても使っているのでエアコンを買い替えることになりました。

「今年は出費が多いわ~」と嘆く父。

実はつい1か月程前にもリビングのエアコンからカチカチと音がするので取り替えたばかりです。おまけに今年は給湯器も交換しました。

 

私の部屋のエアコンは10年、リビングのエアコンは新築当時から使っていたものなので20年使っていることになります。

給湯器も、父が修理しながらなんとか20年もちました(一般的に給湯器の耐用年数は10年~15年程と言われています)。

今年で築20年を迎えた我が家は、いろんなものにガタが来始めたようです。

そういえば隣の家も足場がたっていたような……

 

リフォームと聞くと、皆さんはどんな工事を思い浮かべるでしょうか?

例えばキッチンの交換。例えば和室を洋室に変える工事。外壁塗装やカーポートの取り付け、畳の表替えなんて工事もあります。

「リフォーム」とはたくさんの種類の工事が大きいものから小さいものまであるんですね。

では、大小あるリフォーム工事、いったい築何年でするのがいいのでしょうか。

 

「壊れてからでもいいんじゃないの?」

―いいえ、壊れてからでは遅いです。

給湯器を例に取ってみると、突然お湯が沸かせなくなったら、その日のお風呂はどうしましょう?もし壊れた日が寒い冬の日だったら……。

 

今まで問題なく使えていたのに、突然エラーが出る・使えなくなる。

そんなことが起きてもおかしくないよ、と言っているのが耐用年数というわけです。

 

何も問題なく、長く使えるに越したことはないですが、大切に使っていても寿命はあるものです。

 

我が家のように1年に出費が重ならないように、リフォームは計画的にすることをおすすめいたします。