ブランドコンセプト

iehahudo

土地柄という言葉があります。たとえば温暖な土地に
暮らせば明るくおおらかに、厳しい気候に暮らせば真面目に辛抱強く。
それぞれの地に適して生きるために重ねてきた暮らし方と、
そこから育まれた生活文化。風土とはつまり、その土地の人柄だと言えるかもしれません。
人々がその土地で生きていく拠点である住居は、風土と切っても切れない関係。
だからこそ山根木材は、広島の木を使った広島の家づくりにこだわります。
同じ空気を吸い、同じ雨に打たれ、同じ風に吹かれて育った木はつまり、
広島の風土を知っている木。この地ならではの気候に順応した耐久性や、
優れた調湿力を持っています。
四季を通じて快適で、丈夫で長持ちして、
ずっと家族に住み継がれて、そしていつか家そのものが風土となっていくように。
山根木材はこれからも、広島の家を広島の木でつくり続けます。