キッチン扉のリフレッシュ

カテゴリー インテリア
2017/03/23

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。
少し前ですが、OBのお客様からご相談がありました。
 
 
20年以上経ったキッチンの
扉の表面がところどころはげてきています。
キッチンは毎日使うものなのに、
このままでは気持ちよくお料理できないですよね。
でもキッチンの天板はキレイだし、
ガスコンロや換気扇も何年か前に取り替えしています。
キャビネットの並びや収納にも不満はありません。
それなら、キッチン全体の取り替えはもったいないよね・・・
ということで、キッチンの扉だけを取り替えすることになりました。

こちらが、扉を取り替えた後の写真です。

 
扉はもちろんキレイになったのですが、
色も薄いパープルからピンク色に変更したので、
華やかな明るいキッチンになりました。
 
コンロ前のタイルは元のままです。
 
スミレ柄のタイルです。
20年以上前にキッチンやタイルを選ぶときに、
娘さんの名前が「すみれ」だから、
このタイルにされたそうですよ ♪
素敵なエピソードですよね。

キッチン全体を取り替えするとなると、時間もかかってしまって、
キッチンを使えない日もあり不便ですが、
今回の工事は半日で完了しました。

こんな工事も承りますので、キッチンでお悩みの方、
是非お問い合わせくださいませ。



 

山根木材メンテナンスサービス

家具のはなし・その7 〜お客様から

カテゴリー 家具のはなし
2017/03/21

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

先日、DEJIMASTOCKにてベッドをご購入いただいたお客様から、
コメントをいただきました。

【1997年に
自宅を新築した時には、
家具まで手が回らず安価なベッドを購入しました。
フレームはギシギシうるさいし、マットレスはスプリングが粗悪で
とても寝心地が悪いものでした。
しかし、ベッドなんてそんなものだと思って20年近く使ってきました。

昨秋、DEJIMASTOCKが出来たと聞き、
「よし、ベッドを買おう」と決めて昨年12月25日、
妻と一緒にDEJIMASTOCKを訪れました。
いろいろ試してみた結果、気に入ったベッドが見つかりました。
新しいベッドが家に来て、初めて寝た翌朝の目覚めは爽快でした。
今まで苦しんでいた腰痛が解消しているし、
いびきもかかずに寝相も良かったそうです。

人生の三分の一は睡眠と言われますが、
今までベッドに気を使うことなど考えたこともありませんでした。
今回良いベッドに巡り合えてとても良かったと思っています。】

こんな風に言っていただいて、とっても嬉しいです。
実際にご購入いただいたお客様のお話は、
本当に参考になりますね。
皆様も是非、
DEJIMASTOCKでお気に入りの家具を探してみてください。

 

山根木材メンテナンスサービス

電気のはなし・その1

カテゴリー 電気のはなし
2017/03/18

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。
今回から新シリーズを始めます。
その名もズバリ「電気のはなし」
何故、「電気」かというと・・・
山根木材が4月から始める新規事業として、
一般家庭に向けて電気の小売を始めるからなのです!

今までは地域で決められていた電力会社(広島の場合は中国電力)
としか契約できなかった電気。
それが、去年4月の電力自由化以降、現在の電力会社だけでなく、
新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになりました。

全てのお客さまが電力会社を選ぶことができるようになったのです。
そこで、山根木材も電気の小売を始めます。

2016年10月末時点で、電気の切り替えをしたお客さまは、
すでに、209万件だそうです。
「節電意識が高まった」「料金が安くなった分他で使える」など、
うれしい変化を感じているお客さまが多いようです。

一方で、まだ切り替えをしていない方がいるのも事実。

何故切り替えしていないのか、
そこにはいくつかの誤解があるからのようです。
地域の電気会社(広島の場合は中国電力)から
新電力会社に契約変更する場合に多い誤解を紹介します。

1.電力会社を変えると、
  停電の頻度や電気の質が変わってしまうんじゃないの?
  ⇒ 電力会社を変えても、停電の頻度や電気の質は同じです。
    ご安心くださいね。

2.契約する会社が倒産すると、電気の供給がすぐに止まるの?
   新たな供給元が見つかるまで、
    地域の電力会社(広島の場合は中国電力)から
    供給されるので、すぐに止まることはありません。

3.変更する際は、現在の電力会社と、変更先の電力会社の両方と
  手続きをしなくてはいけないのかな? 
  面倒だな・・・。              
  ⇒ 原則、変更先の電力会社に申し出るだけで大丈夫です。 
    それなら簡単ですね。

少しずつ、電気の小売についてお知らせしていきますね。
どうぞよろしくお願い致します。

 

山根木材メンテナンスサービス

春ですね♪

カテゴリー いろいろ
2017/03/07

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。
またまたすっかりご無沙汰しているうちに・・・春になってしまいました。
先日、お客様のお庭に咲いている梅の花を
たくさん切っていただいて帰りました。
早速、事務所の中に飾ってみましたよ。
 
つぼみばかりでちょっとさみしいかな、と思っていたのですが、
 
 
2日後にはこんなにいっぱい開きました!

ただ、紅梅と白梅、両方いただいてきた筈なのに、
意外と紅梅が多かったかな・・・。

たくさん切っていただいたので、ちょっと心配になりましたが、
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざがあるくらいなので、
梅は切っても大丈夫なんでしょうね・・・。

自宅にもいけてみました。
 
 
少しずつ春を感じる今日この頃ですね。

山根木材メンテナンスサービス

モリス

カテゴリー インテリア
2017/02/13

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。
先日、ふと思い立って松山に遊びに行ってきました。
すると、思いがけず「ウィリアム・モリス」展が
愛媛県立美術館で開催されていたので、急遽立ち寄ることに。
 

「ウィリアム・モリス」という名前は知らなくても、
彼のデザインを
どこかで目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。



これは「ウィロー(柳)」というデザイン、


これは「葡萄」というデザインです。
13年前、この柄のカーテンをお客様の家に取付しましたが、
エレガントで重厚なイメージの家にぴったりでした。


これは「柘榴あるいは果実」というデザインです。
昔、この柄のカーテンをお客様の家に取付したとき、
工事監督が「人喰い花!」って言ったなぁ・・・。
そんなイメージもちょっとあるけど・・・。


そしてこれは「いちご泥棒」
モリスのデザインの中でも不動の人気を誇る柄です。

ウィリアム・モリスは、19世紀のイギリスで活躍したデザイナーです。
彼のデザインは、イギリスだけでなく
世界中のファンに愛されているようですが、
特に日本の中にもファンが多いようです。
モリスのデザインのモチーフとなっている自然が、
日本人が愛している花鳥風月などの自然と重なるから、
といわれています。
だからなのか、山根木材の家の和風空間にもよく合うんですよね。

こんなモリスの柄の壁紙やカーテンなど、
ご提案させていただきますので、是非ご連絡くださいね。

そう言えば、
「役にたたないもの 
美しいと思わないものを 
                家に置いてはならない」
このモリスの言葉を思い出しました。
究極の美、ですね・・・。
普段の生活の中で実践することはなかなか難しいのですが、
毎日少しずつでも片付けてすっきりした生活を送りたいものです。




 

山根木材メンテナンスサービス